× ×
2016-12-18

今の私は桐蔭での学校生活によって作られたと思います

取材日:2016-12-18
回答者プロフィール
所属大学・氏名:日本女子大学人間社会学部教育学科2年 酒井珠里さん
趣味:映画鑑賞・花ことば
将来の夢:キャビンアテンダント

※中学校(女子部)は、2019年度より男女共学化される中等教育学校へ統合されます。(予定)

回答者:酒井 珠里さん

【回答】

人数が多く、学校が大きいということでいろいろな人と関われると思ったからです。また、中国からの帰国子女で中国でも受験ができたからです。

【回答】

横浜英和、横浜女学院

【回答】

小学5年生

【回答】

駿台ゼミナール

【回答】

特にありませんでした。

【回答】

部活動(弓道部)

【回答】

あります。自分から積極的に物事に取り組むようになりました。

【回答】

挫折したことはありませんでしたが、毎回の試験の結果で行われるレッスン移動が辛かったです。

【回答】

平日の部活がある日は2時間で部活がない日は4時間ほどでした。テスト前の休日などは長い時間勉強していた記憶があります。

【回答】

できる生徒へのサポートだけでなく、成績が振るわない生徒に対しての放課後の講習やマンツーマンでの指導などのサポートがしっかりしているところです。

【回答】

英語の授業です。

【回答】

1年生の頃、英語の先生であった斎藤先生です。

【回答】

はい!仲良いです!!

【回答】

満足度:5

理由:今の自分は桐蔭学園での学生生活によって作られたものだと感じており、卒業したあとも桐蔭学園に入学してよかったな、と思うことが多くあるからです。

【回答】

在校生や先生方と触れ合って中学校の頃を思い出し、昔のことを懐かしく感じました。探求の授業で電子黒板やipadを使っている様子や生徒主体のグループ活動を見て、私が在校生だったころとは授業の雰囲気が全くことなり、自分が在学していたころよりも授業の内容が濃くなっているな、と感じました。しかし、在校生へのインタビューを通して生徒と交流してみると、桐蔭に対する思いや勉強・部活に対する思いは自分が中学生だった頃と共通するものがあるな、と感じました。言葉にするのは難しいですが、今も昔も桐蔭生の中には同じ桐蔭魂があるように感じました。今回の母校インタビューを通して、桐蔭学園の新しい面と変わらない面を知ることができとてもいい機会となりました。

資料請求をする
×

Document request 資料請求

各学校のパンフレットなどご請求いただくことができます。
ご請求は下記ボタンをクリックください。

資料請求をする

PAGETOP