1. 中学校図鑑
  2. 中学校図鑑
  3. 合格者保護者

質問の種類


地域別合格者

千葉県
3
埼玉県
2
東京都
14
神奈川県
4

男女別 合格者

合格者の母親
13
合格者の父親
5

質問 回答

01.学校説明会等、学校訪問を家族でされましたか?

母親一人で参加しました。 説明会、学園祭を含め受験する年に本人が行ったのは、夏の合同説明会のみ。

02.思い通りの受験でしたか?(はい、いいえ、終わりよければすべてよし、その他)

いいえ。 息子が盛り上がりませんでした。

03.学校選択(第一志望及び併願校に関して)の決め手はなんでしたか?(あるいはどのような方法で学校を選択されましたか?)

ひたすら予備校のような学校でないところを探しました。 本人が当初受験を決めたのは、中学校で運動したいから、でしたから。

04.志望校の情報で知りたかったことはなんですか?(先生、教育内容、校舎設備、進学実績、生徒の特徴、校風、進路指導、クラブ活動、その他)【複数選択】

教育内容、校舎設備(グラウンドの広さ)、校風

05.合格の確信はありましたか?あった場合いつごろそう思われましたか?

ありません。いつも適当にやっていました。

06.お子様の受験の山場はいつでしたか?なぜ山場だと思われましたか?

山はありませんでした。 のーんびり楽しそうに最後まで追い込まれることなく、余力をたっぷり残し受験しました。

07.塾はいかれましたか?行かれた場合、良かった点と悪かった点を教えてください。

行きました。 良かった点は、みんなと肩を並べて同じ目的に向かって競うことを覚えました。 悪かった点は、いつでも次があるような緊張感がなかったこと。もっとも、これは塾のせいではないかもしれません。

08.特に気をつけた健康習慣・学習習慣はありますか?

早寝・早起き。 学習習慣はつきませんでした。私は再三注意しましたが、本人聞き入れませんでした。

09.受験期間中お子様を最も誇らしく思ったのはいつ、どんなときだったですか?

1月31日。初めて自分で自分のネジを巻いていく息子を見ました。

10.受験はお子様を成長させましたか?あった場合どんな変化がありましたか?

させました。 それまで、付属校に通っていて、意識も低く幼かった息子が、自分で自分をがけっぷちに追いやり、それまでの人生をかけて勝負したとき、自分の甘さを知り、努力をしなければ手に入らないのだということを自覚したと思います。 一言「中学受験って意外に厳しいんだね」。 私は首を絞めようかと思いました。 本人自身もまだまだやれた、という思いはあるようです。 が、もう一つ乗り切れなかったというのも事実です。 これは、彼の幼さに起因するのではないかと思いました。 これが彼のピークではないとどの先生もおっしゃいます

01.中学3年間、あるいは中高6年間、学校に期待することはなんですか?

個性の発見と大学受験のみに焦点を置かない全人格的な教育。確かな基礎教育。

02.中学3年間、あるいは中高6年間、先生に期待することはなんですか?

何でしょう?あまり先生に期待したことはありませんが、できれば男性的な豪快な先生に指導していただきたいです。

03.中学3年間、あるいは中高6年間、心配なことはありますか?

いじめ。ネット。非行。 でも、運動さえしていれば大丈夫だと思います。

04.お子様には将来どのような大人になって欲しいですか?

自分の中にきちんとした価値観と道徳観、倫理観を持ち、人に流されることなく行動できる感性豊かな人間になってほしいです。 間違っても、偏差値で人を判断したり損得勘定だけで行動するような人にはなってほしくありません。

回答者

ぴんぼけさんの保護者
都道府県
東京都
市町村
杉並区高円寺南
合格校
学習院中等科
学校種類
男子校
都道府県
東京都

種類別 合格者

男子校
10
女子校
7
共学
6

学校別 合格者

武蔵中学校
3
筑波大学附属駒場中
2
女子学院中学校
2
渋谷教育学園渋谷中
2
学習院中等科
1
慶應義塾湘南藤沢中
1
麻布中学校
1
東洋英和女学院中学
1
聖光学院中学校
1
吉祥女子中学校
1