××
×

    取材日:2016年11月15日
    インタビュイー: 保護者 上杉さん
    インタビュアー: 早稲田大学教育学部2年 上杉直矢

    【イントロダクション】
    「聖光に入って、視野が広がって色々なものに興味を持つようになりました。下の子の場合は、持ちすぎたところもありますけど…」兄弟そろって聖光に入学した保護者の方に聞いた、子どもたちが聖光で変わったことです。そう語る保護者の方は、実はインタビュアー上杉くん(←下のお子さん)のお母様です。上杉くんは終始インタビュアーとして役割を全うしようと務めてくれていますが、微妙になるところも読みどころです。

    1. 学校への満足度

    上杉:6年間聖光学院にお子さんを通わせていたということなんですが、学校への満足度を5段階で評価するとどれくらいでしょうか?
    保護者:5でいいと思います。
    上杉:おぉ、5をつける。それはどうしてでしょうか?
    保護者:まぁ、特別不満に思ったことはなかったので。
    上杉:ほぉ。
    保護者:まぁ…もっといいことを望むっていうのもあるかもしれないけど、自分の中では5でいいかなと思います。
    上杉:なるほど。
    保護者:子どもにとっても良かったんじゃないかなって思うので。
    上杉:じゃあ逆に、5をつけていいなっていうようなプラスの理由というのはありますか?
    保護者:一番は子どもが学校を好きになって、6年間楽しく過ごせたということですかね。
    上杉:なるほど。


    2. 先生の満足度

    上杉:学校っていうのは先生の雰囲気で決まるというようなところもあると思うんですが、その先生の満足度は同じ5段階ぐらいで評価するとどれぐらいでしょうか?
    保護者:先生と直接関わったっていうのは、面談を受けた時ぐらいしかないですけど。
    上杉:はい。
    保護者:でもそれも、5でいいんじゃないかな。
    上杉:おぉ。
    保護者:自分が話した先生だけの範囲ですけど。
    上杉:それはどうしてですか?
    保護者:子どものこともよく見てくれているようでしたし、
    上杉:はい。
    保護者:こちらの質問とか要望にも応えていただいたっていうか。
    上杉:うんうんうんうん。
    保護者:ちょっと心配な事があったりして、質問したりしてもそれに対して丁寧に答えてくださっていたので。
    上杉:逆に、保護者の目線では気づかないような事を先生が教えてくださったりっていうこともあったりしたんですか?
    保護者:やっぱり学校の中での様子っていうのは、家の中での様子とは全然違うんで。
    上杉:うんうんうん。
    保護者:小学校の時はまだ自分で確認することも出来るチャンスが多かったけど、やっぱり中学に入ってからは、なかなかそういうことは無くなってしまって。
    上杉:はい。
    保護者:それでも、特に中学に入ってすぐの時にちょっと不安な面があった時なんかも、お話したら、それに対して、「普段の様子はこうだから大丈夫ですよ」というような形でお答えいただいたりっていう感じでしたので。
    上杉:うん、なるほど。
    保護者:特に不安に思ったことは無いですね。


    3. 学校側との連絡の頻度

    上杉:じゃあ学校側、先生と、連絡取る頻度っていうのはどれくらいありましたか?
    保護者:連絡の頻度はそんなには無かったかなぁ。
    上杉:うーん、数か月に1回とかですか?
    保護者:いや、そんなにも無かった。
    上杉:そんなにも無かったんですか。
    保護者:こちらから先生に何か個別にアクションを起こしたっていうのは…特になかったんじゃないかな。
    上杉:ほんとに面談の時に連絡するくらい、連絡っていうか会って話をするくらいですか?
    保護者:そうですかね、面談とか、あと聖光祭とか。
    上杉:あぁ。
    保護者:体育祭で学校に行った時に、担任の先生とお会いしてちょっと話をしたり、それから、学年が上にあがってから、昔お世話になった先生に会った時にちょっとお話をするっていうのはあったけど。日頃の生活の中で、不安を感じて先生に相談するとかっていうことはありませんでしたね。
    上杉:その面談っていうのはどれくらいの頻度で行われているんですか?
    保護者:面談自体は1学年に1回くらいですかね。
    上杉:うんうんうん。
    保護者:しなかった年もありますけど。
    上杉:まぁだいたい年に1回ぐらい、でも希望すれば、それに応じてやってくださる感じなんですかね。
    保護者:そうですね。うちはしませんでしたけど。
    上杉:はい。
    保護者:先生の方からは、「何かあったらいつでも言ってください」っていうお話はありました。
    上杉:ふむふむ、なるほど。
    保護者:はい。


    4. あってよかったと思うイベント・行事

    上杉:じゃあお子さんの学校生活についてなんですけど、保護者の目線から見て、聖光学院はいろんなイベントがあると思うんですけども、特にこれはあって良かったなっていうイベントや行事っていうのはありますか?
    保護者:ありきたりではあるけれども、聖光祭と体育祭はよかったんじゃないかな。
    上杉:うんうんうん。
    保護者:子どもたちが皆、自分の子以外の子を見てもイキイキとしているっていう感じがあったので。
    上杉:うんうん、なるほど。
    写真:「聖光祭」⬇︎⬇︎⬇︎



    5. 入学前と入学後に感じた学校に対する印象の変化

    上杉:では、聖光に入る前と入った後を比べて、学校に対する印象の変化みたいなものはありましたか?
    保護者:うちは息子が二人お世話になったんですけど。
    上杉:はい。
    保護者:下の子の時はもうある程度学校の様子は分かっていたので、
    上杉:はい。
    保護者:特には無かったです。
    上杉:はい。
    保護者:上の子の時も、うちは主人も聖光を出てるので、
    上杉:あぁそうなんですね。
    保護者:なんとなく主人からこういう学校っていうのは聞いたりはしてたので。
    上杉:はい。
    保護者:大きなギャップを感じることっていうのは無かったと思います。
    上杉:そうなんですね。


    6. 保護者同士の仲

    上杉:では少し話は変わりますが、保護者同士っていうのは、いろいろな関係があったりはすると思うんですけども、保護者同士の仲は良いですか?
    保護者:人それぞれではありますが、自分の感じでは特に悪い印象は無かったかなあ。
    上杉:うんうん。親同士でライバル関係みたいなのはありましたか?
    保護者:それはいろいろ話に聞くとあったみたいです。
    上杉:それはどういうようなライバル関係なんですかね?
    保護者:ま、そこはいろいろ大人の事情で(笑)。多少はやっぱり子どもの成績とかで。
    上杉:あー。
    保護者:っていうのはあるかもしれないですね。
    上杉:うんうん、なるほど、成績の面で、勝負じゃないですけど。
    保護者:まぁ同じくらいの成績のお子さん同士で、みたいな。
    上杉:うん。
    保護者:やっぱり勝ち負けではないけれども…
    上杉:そういうのがちょっとあったりするわけですね。
    保護者:うん。
    上杉:うーん、なるほど。


    7. 授業参観について

    上杉:授業参観は行きましたか?
    保護者:中1の時に1回だけ授業参観があって。
    上杉:はい。
    保護者:その時は行きました。
    上杉:ほぉ、それはお1人で行かれましたか?
    保護者:1人です。
    上杉:それは平日にあったんですか?
    保護者:平日だったと思います。
    上杉:おぉ、授業参観はどうでしたか?
    保護者:まぁなんか、男子校っていう感じで(笑)。
    上杉:(笑)。というのはどういうあたりが?
    保護者:親も一クラス全員が一斉に見たわけではなくて、出席番号で何人かずつだったっていうのと、来てない人がいたっていうのもあるかもしれないですけど、
    上杉:はい。
    保護者:そんなによそ行きの感じはしませんでしたね。子どもたちの様子も。
    上杉:あ、授業自体がってことですか?
    保護者:授業自体が。
    上杉:あぁ、なるほど。そのよそ行きの感じのしない授業っていうのはどういう印象だったんですか?
    保護者:あっこんな感じなんだって。
    上杉:あはははは。
    保護者:まぁ、授業の内容について言えば、やっぱり難しいことやってるなっていうのはありましたが。
    上杉:うん。
    保護者:それでも中学1年だから。
    上杉:そうですね。
    保護者:そんな極端に難しいことやってるっていうわけでは無かったですけれどもね。
    上杉:なるほど。ある程度のレベルは感じた、ということでしょうか。
    保護者:そうですね。


    8. この学校へ決めた理由

    上杉:では、先ほども少しありましたが、この聖光学院に入学を決めた理由はなんですか?
    保護者:さっきも少し言ったように、主人が出た学校だったので。
    上杉:はい。
    保護者:主人が、上の子が中学に上がるときのことを考えた時に、子どもの性格からいっても合ってるんじゃないかと。
    上杉:うん。
    保護者:あとは、やっぱりそれなりのレベルの学校だったので、いいかなと思っていました。
    上杉:うん。
    保護者:最初は行けたらいいなっていう希望的な思いではありましたけど。
    上杉:子どもの性格に合っているっていうのはどういう面で合っていたんでしょうか?
    保護者:面倒見がいいということですかね。
    上杉:うん。
    保護者:上の子は、自分からどんどん自由に好きな事をやるタイプではなかったので、
    上杉:ふむふむ。
    保護者:言われたことはきちんとやるけれども、言われないとやらないっていう子だったので、
    上杉:うん。
    保護者:どんどんいろんなことをやらせてくれる学校だったからよかったっていうところがあります。
    上杉:下のお子さんの場合はどうでしたか?
    保護者:下の子は、上の子と全く違ってもう四方八方興味を持つタイプだったので、いろいろチャレンジできてよかったのかなと思います。
    上杉:なるほど。
    保護者:すごく楽しそうにやってました。
    上杉:実際、楽しかったですからね(笑)。そんなに自分から行動を起こすようなタイプじゃなくても、いろんな興味がある子でも、割と自由に楽しめるような学校だっていう感じですかね。
    保護者:そうですね、自分が行動起こさないと何もしないで終わってしまうというような心配はなかったように思います。
    上杉:うーん、なるほど。


    9. 受験について

    上杉:学校説明会っていうのは行かれました?
    保護者:行きました。
    上杉:それはご両親で行かれました?
    保護者:はい。
    上杉:具体的に、受験勉強っていうのはいつ頃から始めたんでしょうか?
    保護者:塾に行き始めたのは、上の子は4年生から、下は5年生から。
    上杉:それはなんで受験させようと思われたんですか?
    保護者:上の子の時は、私は正直公立の中学でもいいんじゃないかと思っていたんですけれども、
    上杉:はい。
    保護者:上の子はわりと人に流されるタイプだったので、主人とか主人の父などが、公立の学校だといろんな子がいるので、悪いお友達に捕まってしまったら、それを嫌と言えない性格なんじゃないか。それに引きずられちゃうとほんと取り返しのつかないことになっちゃうからって。私立だったら、ある程度のレベルの子のお子さんが集まるということで、そういう学校の方がいいんじゃないかっていう話でしたね。一応小学校の時も学校の授業には普通についていけていて、成績面で悲劇的な状況とかでもなかったので、受験を考えてもいいかなと思いました。
    上杉:ほお、ではそれは、お子さんからやりたいというよりはもう、親の方から?
    保護者:上の子の時は完全にそうですね。
    上杉:ふーん、なるほど。
    保護者:本人は最後まで抵抗していたところもありましたけど。
    上杉:ははは。なるほど。
    上杉:受験勉強は何時間ぐらいでしたか?
    保護者:家での勉強時間ですか?
    上杉:まぁそうですね、まず塾にはどれぐらいの頻度で行ってたんですか?
    保護者:塾は、週3日かな。授業が2日あって、週末試験っていう形でした。
    上杉:じゃあ家庭学習はどれくらいでしたか?
    保護者:家庭学習は…あんまりやってなかったかもしれないですね(笑)。
    上杉:うーん、1日に何時間ぐらいですか?
    保護者:最後の方はまだやってたけど、
    上杉:はい。
    保護者:5年生ぐらいの時は…
    上杉:ほとんどやってなかった?
    保護者:特に上の子はあんまりやってなかったみたいだし、下の子は家でというより、塾に早く行ったり、
    上杉:うん。
    保護者:授業が終わった後に塾に残って、チューターの先生とかに質問したりして、やってたみたいですけど。
    上杉:うん、じゃあそんなに多いというわけではなかったということですかね。
    保護者:うーん、そうですねぇ。
    上杉:うーん、なるほど。
    保護者:ま、塾から帰ってきてからというともう、9時10時に帰って来る感じなので。
    上杉:うん。
    保護者:だから、2時間ぐらいだったのかなぁ。
    上杉:塾から帰って来ても2時間ぐらい勉強してた?
    保護者:多いときでそれくらいですかね。
    上杉:ふむふむ、なるほど。
    保護者:毎日やってたかはちょっと怪しいところがありますけど。
    上杉:どこの塾に通われていましたか?
    保護者:うちは日能研です。
    上杉:ほぉ、日能研。


    10. この学校に入学してよかったですか?

    上杉:ではちょっと学校の話に戻るんですが、聖光学院に入学させて良かったと思いますか?
    保護者:良かったと思います。


    11. この学校に入学して変化したこと

    上杉:お子さんが入学してここ変わったなぁというとこってありますか?
    保護者:視野は広くなったのかなとは思いますね。
    上杉:ふんふん、どういう意味での視野でしょう?
    保護者:いろんなものに興味を持つというか。
    上杉:うん。
    保護者:下の子の場合は持ちすぎたところもありますけど(笑)。
    上杉:お子さんはどんなことなさってたんですか?
    保護者:まぁ、部活以外にも、いろいろやってたかな。
    上杉:具体的にはどういうことをやっていたんですか?
    保護者:中1の時は高3に兄がいて、
    上杉:はい。
    保護者:兄が学校の図書館で毎日勉強していたので、下の子も図書館に行って、帰りに兄とその友達と一緒に帰って来るっていう毎日を過ごしていたみたいです。
    上杉:図書委員会みたいなものはやられてたんですか?
    保護者:図書委員会をやってました。
    上杉:ほおほお、他には?
    保護者:他に、ジャグリングとか。
    上杉:ジャグリング。
    保護者:小学生だったころ、兄の聖光祭を観に行った時にジャグリングを見て、それにすごく興味を持って。
    上杉:ふーん。
    保護者:「聖光に行ってジャグリングをしよう」というのを合言葉のように言っていましたね。
    上杉:ほぉ。
    保護者:それが1つのモチベーションになっていたような気はします。
    上杉:なるほど、文化祭でのジャグリングの演技にかなり感銘を受けていたんですね。
    保護者:そうですね、それがもうすごく気に入っていて。
    上杉:なるほど。
    保護者:実際にジャグリングの道具が欲しいと言って買って、しばらくはやってました。
    上杉:ははは(笑)


    12. 子どもの将来について

    上杉:そんなお子さんですが、将来どんな人になってもらいたいと思われますか?
    保護者:人の痛みの分かる人ですかね。
    上杉:うーん、なるほど。


    13. 家庭内での心がけている教育方針

    上杉:家庭内で心がけている教育方針とかはありますか?
    保護者:特にないかもしれない…教育方針っていうか、まぁ小さい頃から言っていたのは、挨拶をすること。
    上杉:うん。
    保護者:自分がされて嫌な事は人にしない。
    上杉:うん。
    保護者:こういったことは事あるごとに言ってて、まぁ子どもにしたら耳にタコができているという感じだったのかもしれないですけど。(笑)
    上杉:あぁ(笑)。
    保護者:まぁ、根底にそういうところはしっかりできているんじゃないかなと期待はしてます。
    上杉:挨拶はかなり口うるさく言われた印象が残ってますね(笑)。ちなみに、お子さんに家事の手伝いとかはさせていましたか?
    保護者:在学中はあんまりしてないかな。
    上杉:それは特に理由はあったりしますか?
    保護者:うーん、特に理由は無いけど。
    上杉:ふむ。
    保護者:ちょこちょことは頼んで、お風呂洗ってとか。
    上杉:うんうん。
    保護者:あとは、食事の前の準備とかをちょっと手伝ってもらうとかいうのはありましたね。
    上杉:配膳とかって事ですかね?
    保護者:そうですね。
    上杉:でも特にあれこれさせてた印象は無いですかね?
    保護者:うーん、子どもがどう思ってるかは分からないけれど。そんなにすごくさせてたとは思ってないですね。


    14. ご主人の職業

    上杉:はい、ではご主人は何をされてますか?
    保護者:会社員です。
    上杉:サラリーマン?
    保護者:はい。
    上杉:あぁなるほど。サラリーマンとのことですが、私立に行かせるのは金銭的に大変ではなかったですか?
    保護者:大変ですね。
    上杉:大変だった。
    保護者:…と思います。
    上杉:ほぉー。
    保護者:多少は主人の実家の方から入学の時とかに援助してもらいましたけど。
    上杉:うーん、そういうのがないとちょっと厳しいような感じでしたか?
    保護者:うーん、中学高校だけを考えたら、なんとか出来ていたかもしれないですね。
    上杉:でも、その後の大学とかを考えるとちょっと厳しいっていう感じですかね。
    保護者:大学はやっぱり入ってからは大変でしたね。
    上杉:なるほど。


    15. 親子の仲

    上杉:親子で出かけることはありますか?
    保護者:最近は滅多になくなりましたね。
    上杉:在学中はどうでしたか?
    保護者:親子でですか?
    上杉:親子でなり、家族でなり。
    保護者:家族で特別に、いわゆる「お出かけ」とかっていうのは、あんまりなかったですけど。
    上杉:ふむふむ。
    保護者:買い物に荷物持ちで一緒に行ってもらったりっていうのはあります。
    上杉:あぁなるほど。
    保護者:それは今でもたまにありますね。
    上杉:ふーん。
    保護者:ただ最近は、子どもの方が忙しいので。
    上杉:あぁ。
    保護者:あまり一緒に出かけるチャンスがなくなっちゃってるっていうのが現状です。
    上杉:聖光に通われてた時は、たまに買い物に行ったりするぐらいはあったということですかね。
    保護者:それは、ありましたね。
    上杉:ふーん、なるほど。家の中でお子さんと学校の話とかされたりしますか?
    保護者:兄弟では話してますけど、
    上杉:ほぉ。
    保護者:やっぱり共通の話題っていうか、同じ学校に通っていた者同士、お互いに分かり合えるところがあるみたいで。私に話をするっていうのはあんまり無かったです。
    上杉:じゃあ正直なところ、お子さんがどんな感じで学校生活を送ってるかみたいなのっていうのは、そんなに分かってなかったんですか?
    保護者:細かいことは分かってないですね。
    上杉:そうなんですね。
    保護者:ただそういうのを学校に行って先生にお会いした時に伺うとか。
    上杉:うん。
    保護者:後はお友達のお母さん経由で情報を得たり。そういう風に間接的に子どもの情報は得ていました。
    上杉:なるほど。


    16. 父と母、どちらが教育熱心?

    上杉:ではお父さんとお母さん、どちらが教育熱心ですか?
    保護者:教育熱心かどうかは分からないけど、まぁどっちかって言ったら主人の方が熱心なのかな。
    上杉:それはどういう面で熱心なんですか?
    保護者:勉強しろって言う声がけは主人の方がだいたいしていたし、受験のことを気にかけていたのかな、と思います。
    上杉:ふむふむ
    保護者:でもそんなにすごい教育熱心ではなかったかもしれないですね。
    上杉:うーん、まぁそうですね。まぁたまに勉強しろとハッパかけたり、定期試験の成績見てコメントしたりするぐらいでしたかね(笑)?
    なるほど、分かりました。今回はどうもありがとうございました。
    保護者:お疲れさまでした。

    ×

    Document request資料請求

    各中学のパンフレットなどご請求いただくことができます。
    ご請求は下記ボタンをクリックください。

    資料請求をする

    PAGETOP