××
×

    2017年3月17日

    インタビュイー:1年生 水越望杏さん

    インタビュアー:立教大学現代心理学部映像身体学科1年生 加登谷美琴

    1. 受験について

    加登谷:では始めます。水越さんさんは明星小学校出身ですか?

    水越さん:はい。明小です。

    加登谷:幼稚園も明星?

    水越さん:幼稚園は違います。

    加登谷:明星小学校に入ろうと思った理由やきっかけは?

    水越さん:母が明星の出身で、母が明星に入れたいって思っていたというのもあったんですけど、普段から私も母を見習ったりしていたので、母が通った学校だったら行きたいな、と思って入りました。

    編集部:お母さんは中学校から?

    水越さん:高校からです。

    編集部:明星のことをお母さんから何て聞いていましたか?

    水越さん:結構、伸び伸びした学校だと言っていました。

    編集部:自分が入ってみて、そう感じますか?

    水越さん:中学校は結構そうだったかなって感じます。


     2. 学校の好きなところ

    加登谷:学校の好きなところを3つ教えてもらえますか?

    水越さん:まずすごくきれいで毎日過ごしやすいところ。先生が相談したり話しやすかったりするところ。それと、行事が多くて、みんなが積極的になれるところです。

    加登谷:確かに校舎はきれいですよね。結構先生に相談しますか?

    水越さん:相談っていうか、世間話もしますし、普通に話しやすいです。

     この学校の好きなところ【動画】


    3. 学校の直した方が良いと思うところ

    加登谷:ここ直したほうがいいんじゃないかなって思うところはありますか?

    水越さん:そんなこと、考えたことないです。


    4. 一番力を入れてること

    加登谷:今、水越さんさんが一番力を入れて頑張っていることって何ですか?

    水越さん:人間関係です。

    加登谷:人間関係・・・友達と仲よくしようとか、そこを頑張ろう、みたいな?

    水越さん:(うなづく)


    5. 勉強について

    加登谷:なるほど。勉強は頑張ってますか?

    水越さん:そこそこ(笑)。

    加登谷:そこそこ(笑)。いつもどこで勉強していますか?

    水越さん:家です。

    加登谷:あまり図書館とかではやらない?

    水越さん:テスト前は教室で友達と問題を出し合ったりすることはあります。

    加登谷:塾とか家庭教師とかは?何かやっていますか。

    水越さん:やってないです。

    加登谷:通信教材とかも?

    水越さん:それはやってます。

    加登谷:なるほど。じゃあ学校の勉強と通信教材で頑張っているんですね。

    加登谷:(同じインタビューを受けた)山岡くんから、宿題は数学と英語を毎日2時間やらなきゃいけないっていうのを聞いたんだけど、水越さんはどうですか?

    水越さん:一応やってます。(笑)

    編集部:英語と数学を2時間?

    水越さん:はい。(あわせて)2時間です。

    加登谷:それを先生に提出したりしないの?

    水越さん:それはしないです。

    加登谷:自分たちで2時間やってくださいねってことなのね?

    水越さん:はい。

    加登谷:その2時間以外にも勉強しますか?

    水越さん:やります。

    加登谷:じゃあ1日どれくらい?

    水越さん:2時間半くらいですね。

    編集部:中1で2時間半って長いような気がします。ほかの学校に行ってるお友達は同じくらい勉強してる?

    水越さん:いや、私たちのほうが勉強してると思います。

    編集部:何でみんなそんなに勉強するんだろうね。山岡くんもそうでしたよ。

    水越さん:山岡くんはいい大学に行きたいんじゃないですか?(笑)

    編集部:なるほど。


    6. 睡眠時間

    加登谷:勉強にかなり時間を使っていると思うんだけど、そのあと睡眠時間どれくらいありますか?

    水越さん:8時間くらいはあります。

    加登谷:結構寝てるね。何時くらいに寝るの?

    水越さん:23時くらい。

    加登谷:じゃあ7時くらいに起きるんだね。授業中は眠くなったりしないですか?

    水越さん:ちょっと眠いです。(笑)

    加登谷:(笑)そうだよね、眠いよね。


    7. 通学時間

    加登谷:7時くらいに起きるっていうことは、学校から家はそんなに遠くないのかな?

    水越さん:はい、遠くないです。

    加登谷:通学時間はどれくらいですか?

    水越さん:40分くらいです。

    加登谷:何で来てますか。

    水越さん:電車とバスです。

    加登谷:国分寺駅?

    水越さん:国分寺です。

    加登谷:国分寺から歩くルートもあると思うんだけど、歩いて来ますか?

    水越さん:バスが混んでたり、雨が降ってるときはたまに歩きます。

    加登谷:そうだよね、すごい並ぶもんね、あそこね。小学生とかも一緒にバス乗ると思うんですけど、小学生がいるとやっぱり混む?

    水越さん:混みますね。

    加登谷:周りは歩いて行く人は多いですか?

    水越さん:高校生は結構歩いてます。

    加登谷:中学生はバス?

    水越さん:比較的バスが多いと思います。

    link: 通学路動画(国分寺駅から)


    8. 携帯電話について

    加登谷:学校に携帯を持ってきてますか?

    水越さん:はい。

    加登谷:持ってくるのはいいんだけど、学校内では使えないんだよね。

    水越さん:はい。

    加登谷:登下校中も使っちゃ駄目?

    水越さん:緊急時以外は駄目ですね。


    9. 一日のインターネット利用時間

    加登谷:水越さんはインターネットは使いますか?

    水越さん:使います。

    加登谷:1日どれくらい使いますか?

    水越さん:3時間くらい。

    加登谷:インターネットで何を調べるの?

    水越さん:勉強でわからないことがあったら調べたり、自分の好きなことを調べたり。

    加登谷:ちなみに好きなことって何ですか?

    水越さん:K-POPです。

    加登谷:K-POP!ちなみに?

    水越さん:K-POPのEXID(イーエックスアイディー)っていう五人組の女性アイドルグループがあるんですけど、それのファンです。

    加登谷:おー。画像とかを調べるの?

    水越さん:あとYouTubeとか。

    加登谷:なるほどね。それで3時間。


    10. 印象に残っている出来事

    加登谷:明星中学に入学して一番印象に残っていることはなんですか?小学校と中学校はここが違うんだなと思ったところとか。

    水越さん:中学校の先生方も優しいんですけど、小学校の先生方よりかはさっぱりしている。

    加登谷:さっぱりしてるって?

    水越さん:小学校のほうが年が下だからっていうのもあると思うんですけど、相談したときにいろいろ聞いてくれるのが、小学校のほうが多かったです。

    加登谷:中学生は自分でも考えてみようみたいな感じなのかな?

    水越さん:そうだと思います。


    11. 学校への満足度

    加登谷:明星中学校に入学してよかったと思いますか?

    水越さん:思います。

    加登谷:5段階で表すとどれくらいですか?

    水越さん:5です。

    加登谷:5ってすぐ答えてくれたけど、すぐ答えられた理由はありますか?

    水越さん:自分に合ってるなって思うところ。

    加登谷:どういうところが合ってると思う?

    水越さん:勉強の教え方とか学校の設備とかもいいし、すごい毎日行きたいなって思える学校だと思います。

    編集部:水越さんに合った勉強の教え方ってどんな?

    水越さん:全部わかっている体で説明されるよりも、細かく説明してくれたほうがわかりやすい。

    編集部:そうだよね。細かくっていうと、どういうふうに説明してくれるの?

    水越さん:私は、MGSなんですけど、(学内の先生の)他にも頭のいい学校に教えに行ってる先生もいらっしゃって、そういう先生は頭がよくて、(生徒たちがすでに)知ってる知識なんだろうなって思って話してくることがあるんです。なので、こちらがわかってないと思って話してほしいときもちょっとある。MGSの先生の授業は結構楽しいです。毎回毎回、授業の最初にやり方を教えて、(次に)問題を解いてっていう(いつも)同じ流れをやっているから、そういう流れでやるほうが楽しい。

    編集部:そっか。毎回同じパターンで頭に入ってくるっていうことですね。考えられた授業だね。MGSってMeisei Global Scienceですよね。(水越さんは)28年度からだから1期生ですね。先生も新しい人たちなの?

    水越さん:いえ、明星の先生ももちろん多いですが、外から講師の先生が来てくださることもあります。

    編集部:講師の先生はどこかの高校や大学からですか?

    水越さん:はい。

    編集部: Scienceってくらいだから、理科の先生ですか?

    水越さん:数学の先生が多いですね。

    編集部:水越さんがMGSに入ったのはどうしてですか?

    水越さん:最初は本科を志望してたんですけど、校長先生からすすめられて。

    編集部:「絶対こっちだよ。」って?(笑)

    水越さん:そんな感じでお声かけていただいたし、頑張ってみようかなって思って入りました。

    編集部:選抜試験があったんですか?

    水越さん:はい。

    編集部:ふむふむ。全体の中で何人くらいなんですか?

    水越さん:クラスでも5人ぐらいだったので結構少なかったです。

    編集部:MGSと本科の人の交流はある?

    水越さん:あります。

    編集部:授業の内容は全然違うんですか?

    水越さん:教科によってですけど、結構数学とかは違うかなって。

    【※編集部注釈:MGS(Meisei Global Science)・・・平成28年度入学生より、難関国公立大・私立大学への進学を目指す生徒を対象としたクラスを設置。中学に1クラス、高校に2クラス設置。】


    12. 入学して変わったこと

    加登谷:さっき先生が小学校と中学校では変わったって言ってたけど、勉強面とかクラブ活動で小学校と中学校で違うなって思うことありますか?

    水越さん:そこは一緒です。


    13. 先生について

    加登谷:好きな先生を2人教えてください。

    水越さん:英語の黒瀬先生と黒川先生。

    加登谷:どこが好きですか?

    水越さん:話しやすい。

    加登谷:話しやすい?

    水越さん:何か聞きやすかったり、話しやすかったりする先生のほうが、勉強も集中しようって思える。

    加登谷:それは黒川先生も?

    水越さん:黒川先生も、はい。

    加登谷:黒川先生はちなみに何の先生ですか?

    水越さん:体育の先生です。

    加登谷:体育の先生か。確かに体育の授業は楽しいから。(笑)

    編集部:そうなんですか?加登谷さんが中学生だったときもそう?

    加登谷:私が身体を動かすのが好きっていうのもあるんですけど、体育の授業はね。(笑)

    水越さん:うん。(笑)

    加登谷:サブアリーナとメインアリーナと第二体育館と、体育館が三つあって。あとグラウンドも広くて充実していました。。

    水越さん:あと至誠館とか。

    加登谷:そうそう。至誠館っていう剣道場と柔道場と卓球場があるんです。いろんな学年が一気に体育の授業をやってもちゃんと場所が取れるので。体育楽しいよね。(笑)

    水越さん:はい。(笑)

    編集部:移動は大変じゃないですか?

    水越さん:大変ですけど、前の授業も気を使ってちょっと早く終わらせてくれたりするので。

    編集部:なるほど。施設が充実していると体育が楽しくなるというものなんですね。


    14. 授業について

    加登谷:水越さんの一番好きな授業は何ですか?

    水越さん:音楽です。

    加登谷:音楽はどういうところが好きですか?もともと何か音楽をやってる?

    水越さん:パーカッションをやっていて。

    加登谷:パーカッション!?マーチングバンド?

    水越さん:はい。

    加登谷:おおー!小学校にマーチングバンドっていう楽器を演奏しながら動くのがあるんですけど、私もマーチングバンドでトランペットやってました。音楽って週何回ありますか?

    水越さん:2、3回です。

    【編集部注:音楽は週によって美術の授業とが替わる日がある】

    加登谷:音楽だけでなく、全体的に授業の進度って速いですか?遅いですか?ちょうどいい?

    水越さん:本当に教科によって進み具合が全然違うんです。

    加登谷:例えば数学とかは?

    水越さん:数学は、代数はちょうどいい感じなんですけど、幾何は「シュン!」って。(笑)

    加登谷:「シュン!」っていっちゃう?(笑)じゃあその授業は結構わかんないところとかもある?

    水越さん:確認してる間に次の単元やってるみたいな・・・。

    加登谷:そういうときは先生に質問するんですか?

    水越さん:終わってからみんなで確認したり。家に帰ってから復習したりします。

    加登谷:確認してもわからなかった場合は先生に質問する?

    水越さん:します。

    加登谷:質問は授業中?授業が終わったときに?

    水越さん:終わったときに。

    編集部:PHSで先生を呼び出したりもします?

    【※編集部注釈:学校内では各先生がPHSを携帯しているため、生徒が先生の居場所がわからない時や質問をしたい時に、PHSで呼び出しをすることができる。PHSを使った相談は生徒自身の担任や顧問など、いわゆる生徒の担当だけでなく、どの先生にもできる。明星学苑の特徴のひとつ。】

    水越さん:そうですね、私はそんなにしないですけど、してる人もいます。

    加登谷:さっき時間割をもらってきたんですけど、火曜日に7時間目があるのもすごいですね。

    編集部:すごいですよね。7時間目っていうと終わりは何時になるんですか?

    水越さん:終わりは16時5分です。

    編集部:これはMGSだけなんですか?全体?

    水越さん:1年生全部です。

    加登谷:私の頃はなかったですね。

    水越さん:今年からだと思います。


    15. 部活動について

    加登谷:部活はやっていますか。

    水越さん:やってます。

    加登谷:何部に入ってますか。

    水越さん:ジュニアオーケストラをやっています。

    加登谷:ちなみに楽器は?

    水越さん:パーカッションです。

    加登谷:そっかそっか、パーカッションをやってるって言ってましたね。週に何回やってますか?

    水越さん:週6回です。

    加登谷:1日どれくらいやりますか?

    水越さん:2時間です。

    加登谷:土曜日も?

    水越さん:土曜日は14時から17時まで。

    加登谷:日曜日はお休み?

    水越さん:お休みです。

    加登谷:ジュニアオーケストラには、先輩後輩の上下関係がありますか?

    水越さん:あります。

    加登谷:結構厳しいですか?

    水越さん:上下関係はそんなに言わなくてもみんなちゃんとやります。挨拶をするとか、鞄や靴をそろえるとか、そういう当たり前のことを当たり前にできる部活っていうのでやってます。

    加登谷:大切ですね。ジュニアオーケストラって明星祭、文化祭で演奏したりしますか?

    水越さん:はい、してます。4月に定期演奏会もあります。

    加登谷:おお、4月に!それはぜひ行きたいな。

    編集部:4月何日ですか?

    水越さん:4月何日だっけ・・・。

    編集部:後半?

    水越さん:後半ですね。

    加登谷:ここの講堂で?

    水越さん:講堂でやりますので、ぜひ来てください!

    編集部:外部の人も入れるんですか?

    水越さん:はい。

    編集部:講堂は大きいんですか?

    水越さん:2階もあるので結構広いです。

    加登谷:大きいですね。講堂は、7年前ぐらいに建て替えたばかりで、新しくなったのできれいだよね。


    16. 行事について

    加登谷:この1年間明星中学校で過ごしてきて、一番楽しかった行事は何ですか?

    水越さん:宿泊行事です。

    加登谷:どこに行ったの?

    水越さん:どこに行ったっけ・・・民泊?

    (編集部注:どこに・・・長野県)

    加登谷:民泊は、いろんな人の民家に分かれて泊まる?

    水越さん:はい。

    編集部:民泊って何ですか?

    水越さん:地元の人のお宅に伺って、1泊泊まってっていう。

    加登谷:中学生などを宿泊させてくれる民家がたくさんある地域に行って、班に分かれて民家に泊まりに行くんです。そこでお手伝いしたりという体験です。ホームステイの日本版みたいな感じですね。

    編集部:場所はどこですか?

    水越さん:新潟?長野?。

    加登谷:私のときは長野だったから、たぶん長野かな。(編集部注:長野県)

    編集部:その地域一帯に、100人以上を受け入れられるような数の民家があるっていうこと?

    加登谷:そういうことになりますよね。

    編集部:すごいな。みんな楽しみにしてるんですね?

    水越さん:はい。

    加登谷:民泊のどこが面白かったですか?

    水越さん:ほかの人のお家に行ってお手伝いをしようとか、気を遣ったりするところが、社会に出たときにどういうふうに接すればいいかの勉強になりました。

    加登谷:なるほど、中学1年生ですごいですね。今の(2017年度)中学3年生は修学旅行はカナダじゃないんだよね?

    水越さん:セブ島。

    【編集部注:今年度、中学3年生は、3週間セブ島に全員留学(修学旅行)するとのこと。

    編集部:宿泊行事は多いんですか?

    水越さん:小学校から1年に1回は宿泊行事があります。


    17. トイレについて

    加登谷:学校の中の話に戻りますね。トイレはきれいですか?

    水越さん:すんごいきれいです!

    加登谷:すんごいきれい(笑)。明星のトイレって、生徒が掃除するんじゃなくて業者の人が掃除してくれてるんだよね。確かにトイレはきれいです。


    18. 食堂について

    加登谷: 1階にあるカフェテリアには満足してますか?

    水越さん:してます。

    加登谷:好きなメニューありますか?

    水越さん:唐揚げです。

    加登谷:唐揚げ!おおー。

    編集部:人気あるなー。

    水越さん:でも、カフェテリアはそんなに使わないです。

    加登谷:じゃあお弁当のほうが多い?

    水越さん:多いです。

    加登谷:お弁当持ってきてる生徒とカフェテリアに行ったりする生徒って、それぞれどのくらいいますか?

    水越さん:本当に半々ぐらいだと思います。


    19. 制服について

    加登谷:制服は気に入ってますか?

    水越さん:気に入ってます。

    加登谷:どこが気に入っていますか?

    水越さん:このブレザーがかわいいなって。

    加登谷:ブレザーかわいいよね。個人的にはこの後ろのリボンがかわいいなって思ってて(笑)

    編集部:後ろのリボン?

    加登谷:何だろう、ほかの学校のブレザーだとこの後ろのリボンがないところが多いんですよ。この後ろに何もないんじゃなくて、ちょっと差し色で金色が入ってるのが私はかわいいなと思ってました。かわいいなって思うところほかにありますか?

    水越さん:何だろう。スカートの種類が紺と、赤と紺のチェックとか、種類があること。あと、セーターも白のベストと紺があって、自分で毎日変えてコーディネートできるので、そういうのも楽しいなって。

    編集部:なるほど。じゃあ夏服とか冬服だけじゃなくて、冬服の中でも3種類あるんですね。

    加登谷:はい。半袖長袖も選べるしね。

    編集部:それはブレザーじゃなくてシャツが?

    加登谷:夏だと、長袖半袖も選べて、セーターと紺ベストと白ベストも選べます。スカートも、紺、赤と紺のチェック、白と紺のチェックの3つから選べて、それを自由に組み合わせて着ることができるのでいいですよね。

    加登谷:今年着こなしコンテストってやった?

    水越さん:やってないです。

    加登谷:私の頃は、着こなしコンテストって、一番きれいに着こなせてる人をクラスで選んでそれを投票して学年で選んでっていうのがあってね。(笑)

    link:制服イラスト


    20. お小遣いについて

    加登谷:お小遣いはもらってますか?

    水越さん:もらってます。

    加登谷:ちなみにどれくらい?

    水越さん:月1000円。

    加登谷:それはどのように使ってますか?

    水越さん:結構ためてます。貯金してます。


    21. 休み時間の過ごし方

    加登谷:休み時間は普段何をしてますか?

    水越さん:友達と話したり、次の授業の準備をしたりしてます。


    22. 友達との会話

    加登谷:友達とどんな話をすることが多いですか?

    水越さん:授業のわからないところの話とか、普通にテレビの話とか。

    加登谷:テレビはよく見ますか?

    水越さん:そんなに見ないです。(笑)


    23. 周りにいるすごい友達

    加登谷:水越さんの身の回りでこの人すごいな!って思う友達っていますか?

    水越さん:います。

    加登谷:その子はどんな友達?

    水越さん:クラスのムードメーカーで中心的な存在なんですけど、みんなの前でずっと笑顔でいれるところがすごいなって思います。

    加登谷:クラスの委員長とかやってるのかな?

    水越さん:副委員長。

    加登谷:いつも笑顔っていうのはすごいですね。


    24. 学校の中のお気に入りスポット

    加登谷:この学校の中でも、学苑全体の中でもいいんですけど、お気に入りのスポットってありますか?

    水越さん:どこだろ・・・3階のテラス・・・。

    加登谷:1年生の教室は5階?

    水越さん:5階です。

    加登谷:だよね。テラスまで下りてきて、何かするの?

    水越さん:ご飯を食べてもいいので、そこでたまに食べたりとか。

    加登谷:いいよね。(笑)

    編集部:3階のテラス?

    加登谷:中学棟にテラスがあって、すのこみたいなものが敷いてあって。テラスでご飯食べたりできるんですよ。結構3階に先輩たちがいるじゃん。行きにくかったりとかしない?

    水越さん:全然大丈夫です。

    加登谷:本当に?私、中学1年生のとき、先輩たちが怖くて全然行けなく。そっかそっか。すごいな。(笑)


    25. 将来の夢

    加登谷:将来の夢ってありますか?

    水越さん:まだ決まってないです。

    加登谷:こういう分野が好きとか、何か好きなこととかありますか?

    水越さん:料理とかお菓子とか作りたいなって思います。


    26. 入りたい大学

    加登谷:じゃあ入りたい大学もまだ・・・?

    水越さん:決まってないです。

    編集部: MGSには勉強ができる人が行くんですか?

    水越さん:はい。

    編集部:はい。(笑)いろんな方も期待してるわけじゃない?どこの大学目指すとか考えているんですか?

    水越さん:いや、私はそんなないです。どこの大学に行きたいかは4月に入って最初くらいに聞かれましたけれど。

    編集部:そう。MGSのSはサイエンスだから、やっぱり理系志望なんですか?

    水越さん:私は文系のほうがいいなって思ってます。(笑)

    加登谷:高校のMGSは理系文系あんまり関係なくて、国立早慶上智を目指す人は高校のMGSに入ってるっていう感じです。「Science」って入ってるんですけど、そんなに理系寄りではないんですね。


    27. この学校にあってる生徒・合わない生徒

    編集部:ここの中学に入って、学校生活をより楽しくするためにはどういうふうに行動したら楽しくなるんでしょう?また、逆にこんなふうにしたらあんまり楽しくないんじゃないかなっていうのはありますか?

    水越さん:うーん、勉強に対して意欲的な姿勢になれば楽しいかなと思う。

    編集部:なるほど。みんなまじめな生徒が多い印象ですが。

    水越さん:多いですね。

    編集部:それは本科もMGSも?

    水越さん:はい。

    編集部:何でまじめな人が多いと?

    水越さん:何だろう・・・。

    編集部:何だろうね。逆に、この学校に合わないタイプの人ってどんな人?

    水越さん:喧嘩して仲直りをしたのに、ずっとネチネチしているタイプの人です。(笑)

    編集部:(笑)そっか。クラスの人はみんなまじめな空気なの?

    水越さん:いや、でもみんなクラスとかでは普通。

    編集部:どんなこと話してるの?

    水越さん:何だろう、結構流行りのものとか。

    編集部:何流行ってるの?

    水越さん:ブルゾンちえみとか。(笑)

    編集部:(笑)まねしたりしてるの?ブルゾン見たいなー。

    水越さん:この前、テレビ番組のモニタリングが来たんですけど、そのとき一緒のクラスの人がブルゾンちえみ役で、三代目J Soul BrothersのNAOTO、今市くんと一緒にブルゾンちえみのモノマネやったり、モニタリングで放送されるんですよ。

    加登谷:そうなんだ?いいなー。

    編集部:それは必見だな。映ってる?

    水越さん:映ってます。一番後ろですけど(笑)

    加登谷美琴
    卒業生
    立教大学現代心理学部映像身体学科1年生
    ×

    Document request資料請求

    各中学のパンフレットなどご請求いただくことができます。
    ご請求は下記ボタンをクリックください。

    資料請求をする

    PAGETOP