××
×
    教育図鑑
    編集部

    2016-12-20
    インタビュイー:1年生 棚井聖麗さん
    インタビュイー:2年生 金森裕花さん
    インタビュアー:日本女子大学人間社会学部教育学科2年 酒井珠里
    ※中学校(女子部)は、2019年度より男女共学化される中等教育学校へ統合されます。(予定)

    1. この学校の好きなところ


    酒井:学校の好きなところを教えてください。
    棚井さん:私はテニス部なんですけど、他の学校だとコートが少なくて、自由にボールを打つことが出来ないところもあるんです。でも桐蔭はコートが十分に確保されていて、気兼ねなくボールを打つことができるのでとても嬉しいです。
    金森さん:普通に生活していると、こういう自然に触れることはなかなかないので、そういう面ではいろいろな場所でリフレッシュできるところが良いかなと思います。この間雪が降った時もすごく綺麗でしたよ。
    酒井:桐蔭学園は自然に囲まれているからね。あとは何かありますか?
    棚井さん:普段はお弁当なんですけど、たまに食堂で食べる時もあって、本校の食堂は選べるメニューが多いので、何を食べるか選ぶのが楽しいです。
    酒井:食堂は週に何回くらい利用しますか?
    棚井さん:2回です。
    酒井:そうなんですね。金森さんは、他に学校の好きなところはありますか?
    金森さん:アカデミウムなど、学校の敷地内にある施設はちょっとした時にも行きやすいので、すごくいいなと思います。
    酒井:アカデミウムには授業で行きますか?それとも自分の好きな時にも行く?
    金森さん:授業で行くこともあるんですけど、部活動がない日にもたまに行きます。
    酒井:アカデミウムは展示会もすごいですよね。いろいろなものが展示されていて。年度末には桐蔭生の芸術作品も展示しますよね?
    金森さん:美術の授業で作ったものを展示する時もあります。
    酒井:美術の授業で制作したものね。じゃあ、結構生徒の作品が展示されることもあるんだ。
    棚井さん:あともう一つ、小学部の頃よりは先生があれこれ指図してくることがないから、ある程度自由にできる時間が多いかなと思います。
    酒井:先生があまり干渉してこないから、ある程度規則を守れば自分の好きなようにできるってこと?
    棚井さん:はい。
    【編集部注釈:アカデミウムとは、学園のバスロータリーの前に位置し、神殿風の地上2階、地下2階の建物のことで、そこでは定期的にさまざまな展覧会やイベント、シンポジウムなどが開催されています。また、館内には横浜地方裁判所にあった陪審法廷が移築復元され、文化財としての価値を高めています。】
    インタビュアー:酒井珠里
    1年生 棚井聖麗さん
    2年生 金森裕花さん
    展示会も行われるアカデミウム

    2. 一番力を入れていること

    酒井:一番力を入れていることはなんですか?勉強、部活、なんでもいいので教えてください。
    金森さん:一番というのはないんですけど、なるべく勉強も部活も両立できるように頑張っています。両親ともたまにそういう話をしています。
    酒井:そういえば、金森さんはバレー部だよね?
    金森さん:バレー部です。
    酒井:バレーもやって勉強も頑張るって、大変じゃないですか?
    金森さん:確かに大変ですけど、今はまだ中2で、勉強にも追いつけて行けていると思うので、とりあえず今は部活にも打ち込みたいなって。
    酒井:2年生の時は勉強もそこまで大変じゃないですもんね。予習復習もある程度やれば授業にもついて行けるし、部活にも時間を割けますね。 


    3. 宿題について

    酒井:宿題の量はどれぐらいですか?棚井さんは、宿題が全然ないって言ってましたよね?
    棚井さん:ないですね。宿題というよりも、考査後に、今回の考査の反省をしたり、改めて自分の勉強方法を見直したりして、それをレポートのようなものにまとめるだけなので、教科ごとの宿題っていうのはないです。
    酒井:予習復習しろとは言われますか?
    棚井さん:まあ、言われますね。
    酒井:予習復習はやるけど、特にプラスアルファで宿題があるわけでもないってことですね。そうか。じゃあ宿題の量は少なめって感じかな?
    棚井さん:はい。
    酒井:中学2年生の金森さんはどう思われます?(笑)
    金森さん:私もそんなに多いと感じたことはなくて、棚井さんが言っていたように、考査後には解き直しとかいろいろあるんですけど、普段の勉強では休み時間に授業の復習をすれば大丈夫という感じで、それもすぐ終わっちゃうぐらいの量しかないかなと。

    4. 1日の勉強時間について

    酒井:1日何時間ぐらい勉強していますか?
    棚井さん:ゼロです。(笑)
    一同:(笑)
    酒井:ゼロ。(笑)素直でよろしい。棚井さんの話だと、宿題も少なめってことだし、ゼロになりますね。金森さんはどうですか?
    金森さん:テストがない時は、40分前後ですかね。
    酒井:40分ぐらいか。テストがなかったら、正直長時間勉強しようとは思いませんよね。じゃあ、お休みの日はどのくらい勉強しますか?
    棚井さん:ゼロです。(笑)
    酒井:(笑)遊びに行くだろうし、部活もあるもんね。金森さんは?
    金森さん:休みの日は3時間ぐらい勉強する時間を取ります。午前中に1時間半、午後にも1時間半みたいな感じで、分けてやっていますね。
    酒井:休日でテストがなくても3時間取ると。
    金森さん:やりますね。
    酒井:逆にテスト前はどうしていますか?桐蔭生あるあるなんですけど。テスト前一気にやらない? (笑)
    棚井さん:テスト前は2時間ぐらい勉強の時間を取ります。
    酒井:それはテスト範囲を解き直したり、ドリルと問題集で勉強したり?
    棚井さん:はい。
    酒井:金森さんは?
    金森さん:平日は1時間ちょっとくらいですかね。普段とあまり変わらないかもしれないです。
    酒井:テスト前でも別に夜遅くまでやるわけでもなく、いつもより多くやるかなってくらい?
    金森さん:そうですね。部活で疲れちゃってて。(笑)
    酒井:そうですよね。テスト1週間前だと部活もお休み?
    金森さん:1週間前はお休みです。

    5. 睡眠時間について

    酒井:睡眠時間はどれくらいですか?部活がある日はどのくらい寝ていますか?
    棚井さん::部活がある日は、9時間ぐらい。(笑)
    酒井:何時に寝るんですか?
    棚井さん:早くて夜20時ぐらい。
    酒井:早い。(笑)何時に起きますか?
    棚井さん:朝7時ぐらい。
    酒井:えー?結構睡眠時間長いですね?
    棚井さん:そうですね。
    酒井:部活がある日はこれくらい寝ないと体力がもたない?
    棚井さん:いや、ただ単にやることがない。(笑)
    酒井: (笑)
    棚井さん:今、宿題も全然ないから。
    酒井:え?テスト期間中もそれぐらい寝ているんですか?
    棚井さん:テスト期間だと夜22時ぐらいに寝ます。
    酒井:夜22時でも早いですね。じゃあだいたい夜22時から、朝7時ぐらいまでか。ちゃんと睡眠が取れていますね。部活がある日は、家に帰ってお風呂入ってご飯食べたら、もう寝るという感じですか?
    棚井さん:はい。
    酒井:じゃあ金森さんはどのくらい睡眠時間を取っていますか?
    金森さん:中1の時は7時間半ぐらいだったんですけど、最近は結構7時間いかないことが多くて。
    酒井:それはどうして?勉強で?
    金森さん:中1の時はプラスアルファ的なことはやっていなかったんですけど、今は英検を受けようと思っているので、その勉強だったりで、どうしても睡眠時間が少なくなってしまいますね。
    酒井:なるほどね。勉強も重視するようになったから、時間を作るために睡眠をちょっと削ったと。
    金森さん:はい。短い時は6時間睡眠になっちゃう時もあります。
    酒井:そうですか。部活をやった日はやっぱり早く寝ちゃいますか?
    金森さん:部活がある日は家に帰ると夜19時ぐらいになってしまうので、そこから勉強しようと思うとやっぱり6時間くらい睡眠が取れればいいかなって感じになってしまいます。

    6. 通学時間について

    酒井:通学時間はどれぐらいですか?
    棚井さん:30分ぐらいです。
    酒井:近い!自転車通学?それとも電車?
    棚井さん:バス通学です。
    酒井:交通機関の利用はバスのみですか?
    棚井さん:はい。
    酒井:金森さんは?
    金森さん:私も40分から50分ぐらいですね。
    酒井:金森さんもバスを利用していますか?
    金森さん:バスと電車を使って通学しています。

    7. 携帯電話について

    酒井:学校に携帯を持ってきますか?
    金森さん:持ってきています。
    棚井さん:私は持ってきていないです。
    酒井:家と近いからっていう理由で?
    棚井さん:いえ、届出を出すのが面倒くさいので。
    金森さん:(笑)
    酒井:あー!懐かしい!届出を出さなきゃ持ってこられないんですよね。金森さんは帰る時に連絡するため?
    金森さん:そうですね。

    8. 1日のインターネット利用時間

    酒井:1日のインターネット利用時間はどれくらいですか?
    棚井さん:15分ぐらいです。
    酒井:LINEとか?それとも何か調べものをする時に使いますか?
    棚井さん:はい。調べものをする時に利用します。
    酒井:ゲームとかはやらないんですか?
    棚井さん:ゲームは最近やってないです。
    酒井:金森さんは?
    金森さん:部活動がある日は、基本連絡手段以外には使ってないです。
    酒井:じゃあメールぐらいにしか使わない?
    金森さん:はい。部活動がない日には少し時間があるので、趣味でいろいろ見たりもしますけど。
    酒井:SNSを見たり?
    金森さん:はい。
    酒井:部活動がない時は、時間があるからちょっと携帯を見るって感じですかね。
    金森さん:はい。
    酒井:でも15分って短いですよね。まあ1日だったらそんなもんか。

    9. 入学して印象に残っている出来事 

    酒井:中学に入学して印象に残っている出来事を教えてください。
    棚井さん:6月ぐらいに運動会があって、今まで赤と白で分かれてやっていたんですけど、女子部だと学年対抗なので、それが楽しかったです。
    酒井:学年別ってことか。じゃあ1年生対2年生でも競い合うってこと?
    棚井さん:はい。
    金森さん:リレーでも1年生のチームと2年生のチーム、3年生のチームに分かれてやりました。
    酒井:勝てるの?3年生に。
    金森さん:頑張ればなんとか・・・
    酒井:そうなんだ。6月にあった運動会は楽しめたみたいだね。
    棚井さん:はい。
    酒井:金森さんはどうでした?2年間通して。
    金森さん:桐蔭学園に入学した頃、部活の勧誘ブースで上級生の皆さんが全力で勧誘に臨んでいたことが一番印象に残っています。
    酒井:確か、オリエンテーションの時に体育館で前に出てやりますよね。
    棚井さん:やりました。すごく強烈だったなって。
    酒井:大学みたいなことをやるんですね。
    棚井さん:すごく声をかけられるみたいな。




    10. 入学してよかったこと

    酒井:桐蔭学園に入学してよかったですか? 5段階評価でお願いします。
    棚井さん:じゃあ4ぐらいで。
    酒井:(笑)どういうところが4?
    棚井さん:5じゃないのは、ちょっと授業の進度が遅い気がするので。あとは、特に気になるところもないですし、自由なところがとても良いと思います。
    酒井:授業の進度が遅いということでマイナス1にしましたけど、そんなにゆっくりなんですか?
    棚井さん:数学は、中等よりゆっくりだと思います。
    酒井:なるほど。みんなそう思ってる感じですか?
    棚井さん:いや、それは分からないです。
    酒井:棚井さんが優秀なのかも知れないですね。(笑)金森さんは?
    金森さん:私は5ですね。私は内進生なので、他の学校を知らないっていうのもあるかもしれないんですけど、ちょっとしたところで不満を感じることはあっても、やっぱり桐蔭でよかったなって思うことはたくさんあります。
    【※編集部注釈:金森さん、棚井さんは桐蔭学園幼稚部・小学部からの内部進学生】

    11. 入学して変化したこと

    酒井:入学して変化したことはありますか?
    棚井さん:前まで本当に真面目ちゃんで、他の生徒がはっちゃけてるのを見ると、そんなことでいいのかな?と最初は思っていたんですけど、一緒に生活していくうちに規則さえ守っていればいいし、せっかくだから楽しもうみたいな感じに思えるようになりました。
    酒井:幼稚園と小学校は真面目っていうか、規則がすごく厳しいんですよね。先生の目も気にしなきゃならないし。
    棚井さん:はい。
    酒井:幼稚部から上がってくる生徒って、結構外部進学生からの影響を受けますよね?
    金森さん:受けますね。
    酒井:「こんな生徒がいるんだ」みたいになるじゃないですか。私も桐蔭の小学校に入っていたけど、外部から入ってきた生徒って、内部生と考え方もなにもかも違っているから最初は結構びっくりしたなあ。慣れてくると一緒になって騒いだりしちゃいましたけど。そうか。金森さんは何かありますか?
    金森さん:やっぱり女子校なので、女子特有の雰囲気や、女子しかいないという環境に最初はあまり慣れなくて遠慮しちゃう部分もあったんですけど、その中でちゃんと自分の意見を持つことができようになったり、自分が出せるようになったり、プラスに働いてくれたので、この学校に入って良かったと思います。
    酒井:女子だけだから素の自分でいられますからね。(笑)やっぱり女子だけだとギスギスするかなって最初は思うけど、結構はっきりしている生徒が多いからぶつかっても仲直りできるし。

    12. 先生について

    酒井:好きな先生を2人教えてください。また、その先生のどこが好きですか?
    棚井さん:長島先生が好きです。
    酒井:長島先生って歴史の先生ですよね?どこが好き?
    棚井さん:授業が楽しいです。
    酒井:そうなんですね。ちなみに、もう1人挙げるとしたら?
    棚井さん:生物の岩橋先生。
    酒井:理由はある?
    棚井さん:写真やスライドなどを使って、分かりやすく教えてくれます。
    酒井:そうなんだ。金森さんは?
    金森さん:宮本先生ですね。
    酒井:なんで?
    金森さん:授業をこなすだけじゃなくて、考査とかでも応用問題をたくさん出したり、授業でここの問題をもっと扱ってほしいと言うと、そういうリクエストにも応えてくれたり、毎回考査の解答用紙の最後に、授業に対するコメントをしてくれたり、生徒の意見をちゃんと取り入れてくれている感じがして、いいなと思います。
    酒井:宮本先生は私が高校1年生の時、担任の先生だったんですよ。授業は机をくっつけてやりますよね?
    金森さん:やります。
    酒井:宮本先生は生物担当ですよね。生徒主体な感じで授業してくれますか?
    金森さん:そうですね。
    酒井:ちなみにもう1人挙げるとしたら?
    金森さん:地理の山瀬先生。面白いし、プリントは結構簡単でテストも点が取りやすい部分はあるんですけど、プリントには書いていない説明を詳しく話してくれるので、分からない単語があれば気軽に聞くこともできるし、ちゃんと答えてくれるというのが、山瀬先生の授業を受けて感じました。山瀬先生のおかげで地理に興味を持てるようになりましたね。
    酒井:質問すると、嫌そうな顔をしつつ、すごく嬉しそうな感じで答えてくれる。(笑)

    13. 授業について

    酒井:好きな授業はなんですか?
    棚井さん:歴史と生物と化学。あと、幾何と体育と美術。
    酒井:結構多いですね。勉強していて楽しいとか?
    棚井さん:板書するんじゃなくて、先生の知識みたいなのを聞いて、覚えるのが好きなんです。
    酒井:先生の授業が面白いってことか。金森さんは?
    金森さん:数系(数学・理科)の科目は全部好きですね。
    酒井:金森さんは理系なのかな?
    金森さん: 考査では文系の方が結果はよかったんですけど、興味があるのは理系ですかね。
    酒井:幾何とか代数とか?
    金森さん:それも好きですし、物理とか生物は身の回りのことを理屈的に教えてくれるので、すごく面白い気がする。
    酒井:なるほど。じゃあ2人とも、授業が楽しいからその教科が好きということですね。授業の進度は早いですか?
    金森さん:そこまでじゃないかも。
    棚井さん:少しゆっくりだなとは思います。
    酒井:別に早いわけでもなく、どちらかと言えばゆっくり進んでくれるんだけど、もうちょっとスピードを上げてもらってもいいなと思うこともある?
    棚井さん:あります。

    14. 部活動について

    酒井:週に何回部活動がありますか?
    棚井さん:日曜日は部活があったりなかったりするので、基本週4日くらいです。
    酒井:バレー部は?
    金森さん:基本火曜日から土曜日まで部活があって、日曜日はたまに練習試合をするという形で、学校で練習したりしています。
    酒井:じゃあほとんど週6?
    金森さん:いや、日曜日は部活をやる時とやらない時があるので、だいたい週5ですね。
    酒井:1日に何時間ぐらい部活動をやっていますか?
    棚井さん:夏だと日照時間が長いので、夕方16時から夜18時までやっているんですけど、今の期間だとだいたい夕方16時から17時半くらいまでです。
    酒井:バレー部も?
    金森さん:基本は最終下校時刻の10分前ぐらいまでやっています。
    酒井:そうなんだ。冬もですか?
    金森さん:冬もやっています。
    酒井:最終下校時刻って夜19時でしたっけ?18時半?
    金森さん:今の時期、中学生は夜18時で、夏になると18時半です。
    酒井:じゃあ、結構ギリギリまで部活をやってるんだ。テニス部はだいたい2時間ぐらい?
    棚井さん:はい。
    酒井:で、バレーは2.5時間ぐらいかな?
    金森さん:そうですね。
    酒井:部活で上下関係はありますか?
    棚井さん:あります。これでもなくなった方なんですけどね。
    酒井:バレー部は?
    金森さん:上級生には挨拶をするとかそういう基本事項はやっぱりあるんですけど、先輩方もみんな優しいので、そこまで厳しいと感じたことはないです。
    酒井:普通に目上の方にするような挨拶はしなきゃならないけど、そこまで怖いとか厳しいとかはない?
    金森さん:ないです。
    酒井:でも、中1から見たら中3とか怖くない?
    棚井さん:怖いです。でも、最近3年生の先輩方はそんなに部活に来ないので・・・
    酒井:試験があるからかな?で、3年生の先輩は怖いと言っていましたが、厳しくされたりはしていないですか?
    棚井さん:先輩というよりも、どちらかと言えば顧問の先生の方が厳しいです。指摘が鋭い。
    酒井:鋭い。(笑) 先輩より先生が。(笑)
    棚井さん:とにかく、ズバッと言うんですよね。この前なんか「あなたたちが本気じゃないなら、僕はやらない」って言われてしまいました。
    酒井:そうですか。まあ、みんなに本気を出させるために言っているんだろうな。(笑)

    15. 行事について

    酒井:さっきと似ているけど、楽しい行事はなんですか?
    棚井さん:文化祭ですかね。私は見て回る方が好きなんですけど。
    酒井:そうなんですね。金森さんは?
    金森さん:私も文化祭が1番ですね。あと合唱コンクールも、みんなで一緒にちゃんとしたものを作っているという一体感がすごく良い。
    酒井:合唱コンクールか、1年生はこれから?
    棚井さん:はい。
    酒井:3月でしたっけ?
    金森さん:3月です。

    16. お手洗いについて

    酒井:トイレは綺麗ですか?
    棚井さん:綺麗だと思います。掃除も毎日していると思うので。
    金森さん:綺麗ですね。

    17. 食堂について

    酒井:食堂に満足していますか?また、好きなメニューはなんですか?
    棚井さん:好きなメニューは「ミラノ風ドリア」です。
    酒井:あー!懐かしい。まだあるんだ!食堂には満足していますか?
    棚井さん:おいしいんですけど、サラダがない気がします。
    酒井:野菜系のメニューが少ないってことかな?
    棚井さん:はい。
    酒井:金森さんは?
    金森さん:私はあまり食堂に行かないんですけど、日替わり定食は食べてみたいなとは思います。
    酒井:日替わり定食ね。
    金森さん:はい。ちなみにこの間は先輩方の企画で、特別メニューを限定何十食みたいな感じで出していました。
    酒井:そんなのやってたの?どんなメニューでした?
    棚井さん:天丼と焼き魚を。
    酒井:それは先輩達が食堂のメニューを考えようみたいな企画を立てたんですか?
    金森さん:そうです。
    酒井:生徒会が中心になってやってた?
    金森さん:中3学年の「デザイン・フォー・チェンジ」というとりくみで、テーマが「食」でした。ある班が和食のすばらしさを再認識してほしいと考え、食堂の協力を得て天丼と焼魚定食をプロデュースしたそうです。

    18. 制服について

    酒井:制服は気に入っていますか?
    金森さん:私は結構落ち着いたものが好きなので、結構気に入っています。
    酒井:棚井さんは?
    棚井さん:うーん・・・
    酒井:いまいちらしいですね。(笑)
    一同:(笑)
    棚井さん:なんとも言えないんですけど・・・なんかどうでもいい。(笑)
    一同:(笑)
    酒井:せっかく着てるのに・・・でも、可もなく不可もなくって感じですかね?
    棚井さん:はい。
    酒井:(笑)じゃあ気に入っている点をもっと教えてもらおうかな、金森さんはどうですか?桐蔭の制服ってスカートが特徴的じゃない?ちょっと風が吹いた時、中に線が見えるのって珍しいですよね。
    金森さん:そこはあまり気に入っているとかはないですね。
    酒井:まあそうですね、風が吹いてちょっと見えるぐらいかな。あと気に入っている点は特にないですか?
    金森さん:そんなに派手過ぎず、全体的な雰囲気、バランスがとても良いかなと。
    酒井:なるほどね。じゃあ棚井さん、気に入っている点ありますか?なければないでいいよ。(笑)
    棚井さん:ないです。
    酒井:ないですね。(笑) 逆に気に入らない点はありますか?
    金森さん:高校に進学するとスカートも変えなきゃいけないことです。
    酒井:そうなんですね。そういえばリボンも変わりますよね?
    金森さん:そうですね。

    19. お小遣いについて

    酒井:お小遣いはもらっていますか?
    金森さん:もらってないです。
    棚井さん:最近はもらうのも面倒くさいです。
    酒井:(笑)2人とも遊ばないの?
    金森さん:あんまり遊ばないですね。
    棚井さん:遊ぶ時には必要な分だけもらいます。
    酒井:分かった!遊びに行く時に、「お母さん今日出かけるからお小遣いもらってもいい?」って言ったら、お母さんが必要な分だけ渡してくれるシステムなんですね?
    金森さん:そうです。
    酒井:じゃあ、月にいくらもらうとかではなく、遊びに行く時にお金をもらうって感じか。でも、そういう人は意外と多いかもしれませんね。中学生だと、周りもそんな感じですか?
    金森さん:大体はそうなんですけど、中には定期的にもらっている人もいます。
    酒井:月いくらっていう形でもらっている生徒もいるんだ。その人たちは、自分達でちゃんとお小遣いを管理しているんですか?
    金森さん:そうですね。
    酒井:食堂に行く時にもお小遣いはもらっていますか?
    金森さん:食費はお小遣いとは別って言われているので、別途もらいます。
    酒井:なるほどね。食費は食費で渡されるんですね。
    酒井:お小遣いの使い道を教えてもらいたいんですけど、あんまり遊びに行ったりはしないんですか?
    金森さん:小学部の時は結構遊びに行ってたりしたんですけど、中学に入ると、祝日も部活動が入っていたりするので、休みの日は基本家族と過ごすことが多いです。
    棚井さん:よく漫画を買います。
    酒井:その漫画を買うお金は、お小遣いちょうだいって言ってもらうんですか?
    棚井さん:そうですね。
    酒井:お友達とご飯を食べに行ったりとかはあまりしないですか?
    棚井さん:行かないです。
    酒井:そうだよね、部活があるもんね。

    20. 休み時間の過ごし方について

    酒井:10分間の休み時間は何をしていますか?
    棚井さん:この間までは、教室の後ろの方で紙飛行機を飛ばして遊んでいました。(笑)
    酒井:教室内で?
    棚井さん:教室の中です。
    酒井:お友達とおしゃべりしたりする?
    棚井さん:しゃべったりもします。
    酒井:金森さんは?
    金森さん:友達とおしゃべりすることもあれば、次の授業にやる小テストの勉強をしたり、あと、私って先生の話を集中して聞いちゃう方で、板書が遅れてしまうことが多いので、休み時間を使ってノートに写したりしてることもあります。あと、移動授業があるとその移動だけで休み時間が終わってしまう、みたいな。
    酒井:桐蔭って広いから移動時間がかなりかかるから、もたもたしてると休み時間が取れないまま終わっちゃいますよね。

    21. 友達との会話

    酒井:友達とどんな話をしていることが多いですか?
    金森さん:部活動の話をしたり、あと、「今度遊びたいね」、みたいな話をしています。
    酒井:なるほどね。部活動の話をするのは部活の仲間?
    金森さん:それもありますし、その他の部活の子と情報交換みたいな感じでしゃべったりもします。あとは雑談ですね。(笑)
    酒井:棚井さんは?
    棚井さん:私は雑談ばかりです。
    酒井:どういう内容?テレビの話とか?
    棚井さん:今のテレビがよく分からないんです。テレビを見ないので。例えば、ネットで自分の前世がなんなのかを占ってみたという話をしたりします。
    酒井:前世について。(笑)
    一同:(笑)
    酒井:渋いね。別に共学じゃないから好きな男の子の話とかもあまりしないだろうし・・・
    金森さん:あまりそういう話はしませんね。あとは、俳優が好きな友達もいるので映画の話も結構しますよ。

    22. 周りにいるすごい友達

    酒井:すごいなと思う友達はいますか?勉強頑張ってるなとか、部活でも、あの子には負けるなっていう。
    金森さん:友達の不満を絶対言わない友達がいます。本当に何も思わないのかもしれないんですけど、1年生の時からクラスが一緒の生徒で、誰とでも仲良くできるし、あと今の中学2年生の特色でそういう生徒が多いのかもしれないんですけど、人の悪いところを探そうとせず、お互い尊重し合っていて、良い学年だなと思います。
    酒井:じゃあ、友達みんなすごいなってことですか?
    金森さん:そうですね。
    酒井:棚井さんは?テニス部にはいませんか?
    棚井さん:部活に熱心な生徒はいます。
    酒井:すごいなって思いますか?
    棚井さん:思います。

    23. 学校のお気に入りスポット

    酒井:学校内のお気に入りスポットはどこですか? 

    棚井さん:食堂前の中庭っぽいところです。春とか暖かい時期に外でご飯を食べたらいいかなとは思うんですけど、冬は絶対寒いから行かない。
    酒井:結構外で食べてる生徒って多いですよね。春とか夏のちょっと涼しい時とかに。金森さんは?
    金森さん:執務室を出てすぐの、ちょっと机が並んでるスペース。 開けた場所で勉強できるので、執務室前は好きです。
    酒井:朝、勉強している人がたくさんいるところだよね?
    金森さん:そうですね。教室も近いので朝勉強にはもってこいの場所だと思います。
    酒井:ホームルーム前でも余裕を持って勉強できるし、片付けてすぐ教室に行けますもんね。私もそこ好きだったなあ。 









    24. 将来の夢について

    酒井:将来の夢を教えてください。
    金森さん:特にないです。(笑)
    酒井:特にない?棚井さんは?
    棚井さん:研究者です。
    酒井:へー!何の研究をしたいですか?
    棚井さん:脳とか。
    酒井:かっこいい!いつ頃からそう思うようになったの?
    棚井さん:小学6年生ぐらいで思い始めました。
    酒井:そんな早い時期から脳の研究とかをしてみたいって思っていたんですか?なんか研究者っぽい。(笑) 金森さんは特に決まってない?
    金森さん:そうですね。たまに話したりはするんですけど、自分が、何してる時が楽しいとか何が得意なのか、まだはっきり分からないので、これからじっくり時間をかけて決めていきたいと思います。
    酒井:大学生でも何をしたいか分からないっていう人はたくさんいるから、中学2年生で分かってたら逆にすごいよ。まだまだ時間はたっぷりあるので、ゆっくり考えて決めればいいと思いますよ。

    25. 入りたい大学

    酒井:入りたい大学を教えてください。ちなみに、大学の話とか友達とする?
    金森さん:友達とはあまりしないですけど、親とはします。
    酒井:もう親御さんとそういう話をするんだ。なんて言われるの?ここに行きなさいとか?
    金森さん:いや、そういうのは特になくって、どこでも行きたいところに行っていいと言われてるので、逆に迷ったりもするんですけど。選択肢は自由に選べる感じです。
    酒井:じゃあ、ここの大学に行きたいなとかはまだ分からない?
    金森さん:まだ分からないです。
    酒井:棚井さんは志望校ってありますか?
    棚井さん:東京大学です。
    酒井:すごい!そういう立派な目標は言っておいた方がいいですよ。言っておいた方がいろいろと協力してくれるから。
    棚井さん:でも、本当にそれでいいのかはまだ分からないんです。直接学校を見たわけではないので・・・
    酒井:でもね、今から東京大学に行きたいという目標を掲げておけば、これからの勉強も頑張れるし。中学1年生だし、まだまだ時間はありますから、そういう思いを持って東京大学を目指してみればいいと思いますよ。
    棚井さん:はい。
    酒井:じゃあ、質問は以上です。ありがとうございました。

    ×

    Document request資料請求

    各中学のパンフレットなどご請求いただくことができます。
    ご請求は下記ボタンをクリックください。

    資料請求をする

    PAGETOP