××
×
    近年、カリキュラム検討・整備を進めてきた。英語に力を入れ、中学では週8時限を英語に配当し、そのうち3時限は外国人教諭が担当している。また、華道・茶道を必修科目として設置し、女子校としてのアイデンティティを確保しようという意図も明確。1クラス20名という少人数クラス設定での教育効果を活かしきることができるかどうかが課題。本校の特長としては、ていねいな教育、一人ひとりの生徒を大切に育てるため、教職員全員が熱意を持って、日々の指導に励んでいることに尽きる。交通の便が悪く、施設・設備も古く小規模な本校では、人の力が唯一誇れること。生徒たちの6年間の成長の大きさが一番の見どころとなる。

    PAGETOP