××
×

    21世紀の世界標準(グローバル・スタンダード)となる教育を標榜して開校した。「グローバルな視点を持ったリーダーの育成」を目指すが、その第一段階としての大学受験に卒業生が、どう対応できるのかに注目が集まる。

    本校の強みは、国公立大学・医学部・早慶上智や東京理科大学を目指す確かな進学指導と、それを実践できる教員がいること、そして先端教育とグローバルなスクールアイデンティティーを持ち、日々実践していることにある。教科学習に対する個別指導はもちろん、中1生から大学のゼミのような研究を行っていく「総合探究」も大きな強み。

    宝仙理数インターは、東京大学・国公立・医学部・早稲田・慶応大学といった最難関大学合格を前提に、「コミュニケーション能力、理数的思考力、リベラルアーツ教育」を柱としている。最難関大学まで合格できる知識と共に、知識へ興味を抱くことのできる学校教育がある。。英語教育も、英語の暗唱を「スピーチコンテスト」と言って実施している学校が多い中、本校では各人の体験を発表するプレゼンテーションコンテストとして、英語を道具として使いこなし、自分の考えを相手に伝える高度なコミュニケーション能力を育成している。また、大学のゼミのように年間を通して研究を行う「総合探究」では、理科的な内容から社会科学的な内容まで幅広く取り扱っている。中1生であっても、法学などの内容にも果敢に取り組んでいる。少人数クラスの利点を生かして、授業に個別指導の時間を組み入れるなど、きめ細かな対応を行っている効果があちこちで開花している。

    PAGETOP