××
×

わが子にあう中学校をえらぶサイト

東京・神奈川・千葉・埼玉の私立中学校・国立中高一貫校342校の情報を掲載/小学校の保護者約50,000名が登録

1. 学校を理解するよい機会に

明治大学付属中野八王子中学校の説明会の様子

一回目は学校に訪問できるイベントに参加するときのポイントをまとめました。ふだんなかなか入りづらい中学校ですが、学校説明会・オープンキャンパスのときなら、校内に入ることができるだけでなく、「我が校をより知ってもらう」ための工夫をこらしたイベントもあり、学校を理解するよい機会です。親子で興味のある学校の説明会に参加されてみてはいかがでしょう。

2. なぜ学校に行ってみる必要があるのか?

 説明会の終了後に食堂で食事をできる学校もあります=豊島岡女子学園中学校

学校を選ぶとき「わが子がその学校で笑顔で過ごす姿、刺激を受け成長する姿をイメージできるか?」そんな感覚的な要素がとても重要だからです。

 子ども自身が、先生や在校生の話を聞き、校内の空気にふれ、校庭の木々や運動場のにおいを心地よく思うか。もっと具体的に「開成の激しい運動会を見て聞いて、自分も楽しめると思うのか」、「開智の、『命をたいせつにしなさいというのに、昆虫採集はどうしてやってもよいのか』という哲学対話の授業に興味を持てるのか」、「大妻や明星の意欲的な校長・副校長の話を聞いてやる気が出るのか」。

 子どもが“自分でいろいろやってみたい”と思うことができたなら、思いもしなかった方向に新しい可能性が開ける期待が膨らみます。これは本当に楽しいこと。ぜひ感じ、触れる機会を作ってください。

3. 学校訪問のイベントもいろいろ

小学生や保護者が参加できる主なイベントの種類と特徴を紹介します。

 ●学校説明会……建学の精神、教育理念、学校生活、学習、部活動など、1時間30分〜2時間ほどで説明していくのが一般的です。学校を網羅的に知ることができる機会です。

 ●入試説明会……入試に絞った説明会です。入試全般から各教科の入試問題の特徴、対策、昨年度入試との変更点などの説明があります。入試問題にはその学校の考え方、どんな生徒に来て欲しいのかなどがよくあらわれます。入試対策はもちろん、学校の方向性を知る機会にもなります。

 ●学校見学……校内を自由に見学するパターン、参加者をいくつかのグループに分け、生徒や先生が校内を案内してくれるパターン、各教科、部活動などがそれぞれ展示を作成し、自由に展示を見て回るパターンなどがあります。各教科がオリジナルで作成した教材を展示していることも多く、どんな教育を行っているのかを具体的に見ることができます。先生や生徒たちと会話をするチャンスもあります。

 ●体験授業・模試/部活動……授業や入試に近い環境での模試を実際に受けたり、部活動に参加したりできるイベントです。

 次回は訪問候補校を絞るためのチェックポイント、学校訪問前に把握しておきたい子どもと学校のポイントについてお伝えします。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

PAGETOP