××
×

わが子にあう中学校をえらぶサイト

東京・神奈川・千葉・埼玉の私立中学校・国立中高一貫校342校の情報を掲載/小学校の保護者約50,000名が登録

いまの大学入試センター試験にかわり、2020年度からはじまる「大学入学共通テスト」では、英語のテストに民間の資格・検定試験が活用されます。どのようなタイプがあるのか、それぞれの特徴を紹介します。

(編集委員・沢辺雅俊)


GTEC 場面の設定がリアル

 大学入試センターが認定したのは8種。学習指導要領に配慮した英検(新型)やGTEC、TEAP、海外留学に適したIELTSやTOEFL、ケンブリッジ英検、ビジネス用のTOEICなどです。

 高校で広く活用されている資格・検定試験の一つがGTECです。運営するベネッセのGTEC・グローバル事業開発部長の込山智之さんは「進学校の7~8割ほどは受けている」とみています。認定されたGTECの4タイプのうち、高校3年生が受けるのは「Advanced」が中心になりそうです。

 GTECの特徴は、リアルな場面設定で、課題を解決するためのコミュニケーションの力を問うこと。たとえば、自分が通う高校で学んでいる留学生と文化祭の出し物について話し合うといった場面などです。込山さんは「テストを受けること自体が『プチ留学体験』。その環境に溶けこむような感覚が得られる」と話します。

GTECで使うタブレットとヘッドセット

 認定された4タイプのうち3タイプは、スピーキング(話す)では独自に開発されたタブレットを使います。4パート(音読する、質問に答える、ストーリーを英語で話す、自分の意見を話す)で構成され、試験は正味10分強です。マイクに向かって話し、録音データを2人の外国人の英語話者が採点します。

英検 3タイプの新型を導入

 幅広い世代になじみがあるのが英検です。1~3級について、これまでのタイプ(従来型)は1次試験(書く、読む、聞く)の合格者が2次試験(話す)を受けるというしくみで、大学入試センターが示した「1回の試験で4技能のすべてを評価」という要件を満たしませんでした。認定されたのは次の三つです。

 一つ目が「英検CBT」。ことしの8月からすでに実施されており、4技能について試験会場のパソコンで受けます。ライティング(書く)はキーボードで文字を打ち、スピーキングは話した内容が録音されます。

 二つ目が「英検2020 S―Interview」です。紙の問題用紙でリーディング(読む)・リスニング(聞く)・ライティングの試験を受け、別の日に面接委員と対面してスピーキングの試験。これまでの英検と異なり、1次試験の合否にかかわらず、全員がスピーキングを受けます。

 三つ目が「英検2020 1day」。3技能の試験と同じ日にスピーキングの試験を実施し、パソコンを使って録音します。二つ目と三つ目については開始時期が未定です。

 新たな3タイプについて、日本英語検定協会(英検)の担当者は「問題の内容や出題形式は従来型と同じ。自分に合っていると思うものを選んでもらえれば」と話します。さらに「従来型も私立大学の推薦入試などで広く使われており、高校3年で新型を受けるまでの練習にもなります」。

 高校3年生が受けるのは2級、準2級が中心になりそうで、スピーキングは2級の場合、約7分。音読、文章についての質問、イラストについての質問、自分の意見(2問)の計5問です。

イラスト・川島星河


留学やビジネス向けなど多様

ほかの資格・検定試験もみてみましょう。

 上智大学と英検が開発した試験がTEAPです。大学の授業などで出てくる英語が出題されます。スピーキングは面接官との対面式で計4問、約10分です。 


 TEAP CBTはパソコンを使い、4技能をはかります。ライティングでは文章を読んで音声を聞いたあとに文字を打つ「統合型」の問題も出されます。 


 IELTSは、イギリスのブリティッシュ・カウンシルなどによる海外留学などのための試験です。


 TOEFLiBTは、アメリカの団体が留学希望者の英語力をはかるために開発。パソコンで受けます。


 ケンブリッジ英検は、イギリスのケンブリッジ大学の一部門が世界各地で実施している検定です。日常生活などでの英語力が問われ、留学の資格として国際的に信頼されています。

 

 TOEICはビジネスに特化しているのが特徴です。「在庫」「予算」「昇進」といった英語もよく出てきます。


 小学生のみなさんはこれらの試験を見すえ、どのように英語を学んでいけばいいのでしょうか。ベネッセの込山さんは「英語を少しでも使って、人に伝わる喜びを積み上げてほしい」。英検の担当者は「日本語でもいいので、自分で考えて自分の言葉で伝えることを意識するといい。それが英語の発信力にも生きてくる」とアドバイスします。(2018年11月30日 朝日小学生新聞掲載)

朝日小学生新聞・朝日中高生新聞の購読はこちら

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

朝日小学生新聞・朝日中高生新聞
受験メディア
朝日小学生新聞、朝日中高生新聞に掲載した記事の中から受験生に役立つ情報を厳選して掲載していきます。
時事問題対策だけでなく、受験生に必須の「文章を読んで理解する力」「文章を書く力」などを身に着けるうえでもぜひご活用ください。

PAGETOP