××
×
「巣鴨プリズン」の別名に恥じない硬教育。白フンドシで泳ぎます!ユニーク教師の代表は、なんといっても前校長。頭の古さは筋金入りだが、軟弱な世相に動かされず、少しもブレがないことが保護者には受けていた。口癖は、「巣鴨は開成以上の学校である」。そのココロは、「開成を落ちたヤツらが入学してくる。開成でも上位3分の1弱しか東大に受からないが、巣鴨は、その開成に入れなかった者を東大に入れている。つまり、巣鴨の指導力は開成をしのぐ」というもの。副校長だった子息に校長交代。伝統を守りつつ発展が期待される。初の巣鴨中高出身の校長誕生である。昔に比べるとかなり校則もゆるやかになってきていると言われる。それでも厳格な面が。それを承知で入学してはいるのだが…。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP