××
×

    1872年(明治5)に昌平黌跡に創設された師範学校から始まり、1888年の尋常中学科設置で創立された。東京女子師範学校と合併後は共学校に。東京高等師範学校附属から戦後、東京教育大学附属となり、1977年(昭和52)現校名に改称。通称は「筑附(つくふ)」。中学校の募集定員は男女各40名の計80名。通学区域指定があり23区内と西東京市部だが、立川・日野・八王子・町田・多摩などは区域外。埼玉県・千葉県の一部も通学圏内に指定されていれば受験が可能。附属高校へは中学校の約8割が内部試験の結果で進学できる。高校でも生徒募集を行うが、中高ともに国立共学校としては最難関校。

    合格実績は、東京大学41名、早稲田大学167名、慶應義塾大学108名など。

    PAGETOP