××
×

    自らを「トップリーダーを育てる教育の実験的実践校」と位置付ける、名実共に日本を代表する中高一貫エリート男子校。1947年(昭和22)の発足時は東京農業教育専門学校附属中学校で、その名残が校内の「ケルネル水田」として今も実習に使われている。中学で120名、高校から約40名を募集。2002年から2期連続10年間、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている。

    卒業生の半分以上が進学する東大への合格率は実質トップ。現役79名(うち理Ⅲ5名)浪人27名の計106名が合格している。

    PAGETOP