××
×
    2009年度は、高1・2年次において、中学入学組の1クラスを選抜クラスに設定(現在は高3から)した。これはリスクの少ない方式であると考えているからだ。その成果が高3次コース別クラス編成の中で顕著になり、模試等で成績大幅アップにつながっている。同時に、他のクラスにおいても、習熟度別授業の徹底が一段と可能になり、各教科全体の成績底上げも進んでいる。本校は、埼玉県の多くの学校で実施されている入学試験の多選抜方式は取り入れていない。それは、12歳から15歳の早期に、個人の能力を判定し、特化させた教育を行うことのリスクを看過できないというスタンスで臨んでいるためである。客観的で視野の広い人間に育って欲しいという教育方針は貫きたいと考えていて、一定の賛同を得ていると認識している。

    PAGETOP