××
×

わが子にあう中学校をえらぶサイト

東京・神奈川・千葉・埼玉の私立中学校・国立中高一貫校342校の情報を掲載/小学校の保護者約50,000名が登録

勉強だけでなく、運動や合唱、美術にも力を入れていたことが印象に残る。学大の緑の森の中にあり、広い校舎が魅力だった。先生はみな個性あふれていらした。特に体育の玉木先生(既に定年退職)は名物教師で、軍隊のようでした。生徒も個性豊かで、典型的優等生からやんちゃ坊主まで幅広くいて、とにかく楽しかった! いまでも集まると仲良しです。高校進学についてがすべてという感じ。中学から高校へ内部進学する人の割合が半分くらいしかいないから。小学校からの保護者がもっとも情報をもっている。ただ、それが正確でないことが多く、おつきあいは難しい。結局、わが子が高校に進学できるためにどうするかということなので、本音は出さない。優秀な塾についての情報交換が多い。原則として教科書に忠実な授業展開だが、先生作成の独自プリントは非常に中身が濃い。塾の先生がよくコピーさせてくれと言っていた。附属高校への進学がきわめて厳しいので、とにかくみんな塾に通っていた。学附高に進学できない場合の挫折感は大きい。附属とは名ばかりで、中学が4校・高校が1校というのは、どう考えてもおかしい気がする。高校への進学率をもっと上げてほしい。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP