××
×

わが子にあう中学校をえらぶサイト

東京・神奈川・千葉・埼玉の私立中学校・国立中高一貫校342校の情報を掲載/小学校の保護者約50,000名が登録

取材日:2016年8月17日

インタビュイー:髙司陽子先生

インタビュアー:教育図鑑編集部 田口亮太

イントロダクション: 先生や卒業生が執筆した本が並び、パソコンからも新聞が閲覧可能。豊島岡女子学園の図書館は本を貸し出す場だけではなく、各教科の授業と結びついて情報を発信する場としての側面があります。約2千冊の洋書は英語の多読に活用され、校内外に向けて日本語や洋書での「ビブリオバトル」を開催。年に3回立教大学の教授らとともに、「美」や「愛」などのテーマについて気楽かつ真面目に話し合う「哲学カフェ」も開催。豊島区立中央図書館での「読み聞かせ」活動は9年目になりました。そんなエネルギーに溢れる図書館です。

1. 在庫書籍数を教えてください。

編集部:在庫書籍数を教えてください。

髙司先生: はい、約35000冊です。


2. どのような分野の本がありますか。

髙司先生:そうですね、やっぱり小説とか900番台(文学)が一番多いんですが、本校の図書館は特徴のある置き方をしてるんですよ。一般の図書館がこちらのコーナーにありまして、こちらは学びのコーナーといいまして、ちょっと特色があり、場所が限られていますので、工夫して置いてます。

紙の新聞とネットで日経や朝日・読売・東京、ジャパンタイムズ(英字新聞 The Japan Times)なんかも入れてパソコンで閲覧できるようにしてるんですね。で、こちら全体はですね、各教科の教員がオススメの本を、小学校上級生から大学生レベルのものを置き、幅広く興味を持てるよう、入り口になるような感じになるよう、教科ごとに置いています。

あと、この低い棚の方は、テーマごとに置いてあり、洋書が約2千冊ありまして、英語科の多読のリーディングですとか、あと夏休みの宿題などにも使っているという感じですね。「世界を知ろう」ということとか、「未来を考える」とか、「自己や他者を知ろう」ということで自己の内面に迫ったり、他者の歴史を読めるようなコーナーにして、手に取りやすいような形にしているところが特徴ですね。


3. 座席数は何席ですか。

髙司先生: 1クラス分程で、48席です。授業があるので椅子を置いて50ちょっとまで対応できるような座席数になっています。

4. 月に何冊くらい借りていますか?

髙司先生: 毎月700冊前後ですかね。毎月校内全体と各学年でベストリーダーというのを出しておりまして。上位10名は名前を貼り出して、上位3名には賞状を出して何冊読んだかを表彰しています。

5. 多い生徒はどれくらい借りていますか?

髙司先生: 多い生徒は本当に多くて、1日1冊ペースとか。読む生徒と読まない生徒の差が大きいので、読まない生徒が来られるような雰囲気とか仕掛けのコーナーを作るように工夫しています。

6. 他にどんな工夫をしていますか。

髙司先生: そうですね、新刊なんかは結構早く入るので、公共の図書館なんかで100人待ちとかでも、「ここだと穴場ですぐに借りられるよ」と言ったりしてます。それを聞いたご家族の方が、本人と一緒に本を読んで、共通の話題をしている、というのを聞くと嬉しくなります。

7. 人気ベスト3を教えてください。

「図書館戦争 シリーズ」有川浩

「空飛ぶ広報室」 有川浩

「明日の子供たち」有川浩

「倒れるときは前のめり」有川浩

「死神の精度」伊坂幸太朗

「グラスホッッパー」伊坂幸太朗

「タラ・ダンカン シリーズ」 ソフィー・オドゥワン=マミコニアン

「ビブリア古書堂の事件手帖 シリーズ」三上延

「ハリーポッターと秘密の部屋」J・K・ローリング

「ゾウの時間とネズミの時間 サイズの生物学」本川達郎

「薄闇のシルエット」角田光代

「アタマが良くなる合格ノート術」田村仁人

「くちびるに歌を」中田永一

「盲目的な恋と友情」辻村深月

「神去なあなあ夜話」三浦しをん

「空より高く」重松清

「タスキメシ」額賀 澪

8. 先生オススメの本は何ですか。

髙司先生:やっぱりマララさんですかね。生徒に向けてとなると。一緒に生きてる時代の同じ年代の子たちなので、影響を受けてほしいなっていうところがあります。「世界を知る」コーナーにそういった本が結構あるので、偉人の方ももちろんですけど、今現在生きている人とか、スポーツ選手を見本に、一緒に生きて日々努力している感覚を共有していってほしいなと思います

小説はもう言わなくても読むので、心配していません。小説以外のそういった生き方とか自分の人生のきっかけになるような本にも是非出会ってもらい、「自分の将来や生き方が見えてきた!」と言ってもらえるような場所になれたら嬉しいですね。

【※編集部注釈:マララ・ユスフザイ: 2014年ノーベル平和賞受賞者】

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP