××
×

プロテスタント校なので完全週5日制で土日は休日。年2期制を採用している。周辺は大使館や閑静な住宅が建ち並ぶ立地で、交通の便も非常に良い。非常に小規模な以前から「知る人ぞ知る、優れた女子校」として高い評価を受けてきた。2007年より午後入試を導入、これまで以上に幅広い受験層からの受験が可能になった。必然的に難度は上昇し、入学者の平均学力は以前より上がりつつある。午後入試の実施によって、これまでの普連土学園中への入学者とは少々違った生徒が混入してくるようになったのではないかとの観測もある。校舎に特徴があり、旧校舎は建築専門家には非常に高い評価を受ける学校建築らしい。校舎が気に入ったという理由で子弟をこの学校に入れたという父親が珍しくないほど。2006年に新校舎も完成。旧校舎との調和を意識して設計されたという。

キリスト教学校らしく、礼拝が重視され、毎朝の礼拝とともに、週1回の「沈黙の礼拝」によって自分自身を静かに見つめることで生活を律していく。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP