××
×
    明治学院はヘボン式ローマ字や聖書翻訳で知られる宣教師のヘボン師が開設した英学塾から始まる。開学100年後の1963年(昭和38)に現校地に明治学院東村山高等学校が開校。3年後には港区白銀台より明治学院中学校が移転してきた。1991年に中高共に男女共学を開始した。キリスト教教育の理念に基づき「道徳人・実力人・世界人」の育成を教育の基本目標として定めている。伝統的に英語教育に注力し、英語教材には「プログレス21」を使用。授業の一部はネィティブ教員が担当、オール・イングリッシュの授業もあり、生きた英語習得を目指す。2010年高校入学生から、高2以降を、明治学院大学推薦進学、文系受験進学、理系受験進学の3コースに分けてのシステムに移行する。一定の成績を収めていれば推薦で明学に進学可能。

    PAGETOP