××
×
    立教学院は単なる中高一貫教育の枠を超えて、大学までの10年間を視野に入れた「一環連携教育」の創造を目指している。教育目標を学習家庭や諸活動にデザインしながら、生き方にテーマのある主体的な人間を育成していくシステムを作り上げてきた。キリスト教に基づく人間教育の場として、教科活動はもちろんのこと、クラブ活動やボランティア活動などが学院全体の連携で実施され、国際交流活動にも積極的な取り組みを見せている。本校の6年間3クラスの徹底した少人数主義は、単なる人数的な問題だけでなく、教師と生徒との距離の近さであり、一人ひとりの顔がわかる間柄での人格形成として、遠い将来に向けた貴重な人間関係づくりの場にもなっている。

    PAGETOP