××
×
創立100年を超える伝統と「早稲田」ブランドの強みをいかんなく発揮している。「早稲田」の聖地である鶴巻町からの移転によるブランド低下ダメージも懸念されたが、共学化、甲子園での優勝などの追い風にも乗り、その人気は不動のものとなりつつある。この早実の移転・共学化の大成功は、他の大学附属に大きな影響を及ぼし、その後、明大明治、法政大中などが相次いで多摩地区へ移転、共学化していった。共学化により、女子定員分だけ男子が入学しにくくなる結果となり、入学者のレベルが上昇した。また、キャンパス移転に伴い、生徒の通学圏的にも大きな変化がみられ、西東京、神奈川北部、埼玉などの成績上位層の志望校として定着してきている。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP