××
×

「ものごとの本質を見極め、自主的、主体性を持って判断する」ことを「自己表現」という言葉に置き換え、その強化を重点目標としている。

特に、発表力・表現力の育成と、その基盤となる論理的思考の訓練に関しては、各ホームルームにて、議論の進め方を工夫したり、ディベート等を展開させることによって、その実践力を育んでいる。また、教科指導においても、授業を公開することにより、教員・生徒が共に「自己表現力」の更なる改善・強化を図っている。

情報科の小林道夫先生はNHK高校講座「情報A」の講師を務めている。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP