××
×

    1858年(安政5)に福澤諭吉が開いた蘭学塾を起源とする慶應義塾。普通部は、大学部開設に際して、かつての塾の課程を総称するものとして定められ、6年間の幼稚舎から大学部に至る16年間の一貫教育体制の中で、中学校に対応する課程として位置付けられるようになった。1951年(昭和26)から現校地に移転。

    普通部には幼稚舎からの内進生と入試で入ってきた生徒とがいるが、卒業後には普通部長の推薦で、慶応義塾高等学校、慶応義塾志木高等学校、慶応義塾湘南藤沢高等部、慶応義塾ニューヨーク学院(高等部)のいずれかに進学できる。その後は、同様に慶応義塾大学の10ある学部のいずれかに推薦で進学が可能となっている。

    PAGETOP