××
×
    女子では比較的珍しかった禅宗(曹洞宗)立の学校。2007年、中学から大学までの一貫教育を進めるため鶴見大学の附属校となり、鶴見大学附属鶴見女子中学校・高等学校と改称。大学が共学であるため、2008年に中学を共学化、高校は特進コースのみ共学化したが、現校名に校名を変更し、2009年4月から中高共に全面共学化した。1924年(大正13)光華女学校を、翌年に鶴見高等女学校を設立、戦後の学制改革時に両校を合併、鶴見女子中学校・鶴見女子高等学校となった。

    PAGETOP