××
×
    教育図鑑
    編集部

    ライター:教育図鑑編集部 久保彩

    説明会名:「学校説明会」
    日時:2017年9月9日(土)13:00〜14:15 
    ※中学入試相談コーナー(希望者のみ)説明会終了後
    ※目白キャンパス見学ツアー(希望者のみ)14:30〜15:00
    天気:晴れ
    会場:日本女子大学目白キャンパス 百年館低層棟206教室
    〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
    アクセス:
    ・JR山手線「目白」駅より 徒歩約15分、都営バス5分
    ・東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅より 徒歩8分
    ・東京メトロ有楽町線「護国寺」駅より 徒歩10分
    予約:不要
    参加者:約100名
    父親:1割 /母親:6割/夫婦での参加:4割

    1. 日本女子大学付属中学校の教育方針 25分(13:05〜13:30)

    説明者 :中学校・高等学校副校長 町妙子先生

    内容 :建学の精神である『自念自動』とは、「自分で考え、自分で学び、自分で行動する」ことを指します。生徒たちが主体的に生きていけるよう、自分で考える機会を多く与えております。具体的な取り組みは次の通りです。

    自治活動 :生徒会活動や文化祭などは、生徒が主体になって運営します。また、こういった活動は中学・高校別々に活動しています。その理由は、リーダーシップを取る機会を中三、高三の2度設けるためです。リーダーシップを身につけることが、日本女子大学の就職率の高さにも繋がっています。

    多様性と寛容さ :高校は、理系文系のクラス分けはしません。あらゆる興味を持つ生徒が同じ教室で学ぶことで、様々な価値観を受け入れられる人間に育つと信じています。自分と違う他者を受け入れる寛容さ、柔軟さを身につけて欲しいと考えています。


    2. 教育活動について 25分(13:30〜13:55)



    説明者 :司書教諭 久保文香先生


    内容 :自分で考えたり調べたりしたものを、表現・発表する授業や活動が、中学校三年間で計25回あります。探求学習の手引書「ライティングリテラシー」で本の見つけ方、インターネット検索の仕方、参考文献の利用方法などをしっかり学び、実践の中で身につけていきます。
    その集大成となるのが、3年生の年間研究です。自分の興味関心あるテーマを決め、一年間かけて研究します。授業外の時間を使って、調べ、考察し、先生や友達と相談しながら作り上げていきます。

    下記に3年生の年間研究で作成した作品を紹介します。


    この年間研究を読むと、最終的に理想の住宅の図面を、自分で描けるようになります。


    徳川家康が好きすぎて、家康に縁のある場所を数多く巡って作成したそうです。

    3. 卒業生より 15分(13:55〜14:10)

    【Hさん(日本女子大学4年在学中)】
    自治活動を通じて、自分たちで考え、物事を作り上げる習慣が身につきました。そのおかげで、大学生になった今は、自分の意見を述べる、異なる意見を受け入れる、リーダーシップを取るということを自然にできるようになりました。
    ・この学校では詩文を創作する授業が非常に多く、自問自答したり、自分の感じたことを言葉や文章で表現する機会に恵まれました。結果的に自ら考える力がついたと感じています。

    【Oさん(証券会社勤務)】

    学生時代、いちばん学んだことは『自念自動』の精神です。
    生徒会活動では、ひとり一人考え、意見を求められます。部活動も同じく、練習メニューや事務的な運営まで生徒に任せられているので、仲間で話し合ったり役割分担するという経験を数多くしました。自ら考え行動することは自由である反面、責任が伴います。この経験のおかげで、社会に出た今も困難から逃げずに、自分の考えを持って行動することができています。

    4. 入試について 5分(14:10〜14:15)


    内容 :今年度より、受験票の裏に「自己紹介カード」を設け、生徒自身に記入してもらいます。
    入試問題について、各教科担当より一言アドバイス。
    ※詳細については11月の入試説明会にてご説明します。

    国語 :「長文の問題文の全体から考えて自分の言葉で書きなさい」という問題が毎年必ず出題されます。

    算数 :基本的な問題を早く正確に解くことと、グラフの状況を正確に把握することが大切です。

    理科 :グラフ、図、表を読み取り、それを利用する力は、実際に触れてみて初めて身につきます。

    社会 :統計などの資料と、今まで学んできた知識を使って解いていきます。

        説明者:教頭 椎野秀子先生



    5. 展示コーナー

    セーラー服、可愛いですね。胸元の校章が素敵です!

    自分の好きなことについて、英語で発表します。
    『走れメロス』を深堀り。楽しんで作成してる感じが伝わってきますね。

    バイオリンはほぼ全員未経験でスタート。三年間で立派に弾けるようになります。


    6. 目白キャンパス見学ツアー(参加者のみ)

    目白キャンパスツアー受付


    日本女子大学の生徒が、屋上庭園や各校舎、敷地内の有形文化財を案内してくれます。学校生活や受験・就職のことなど、生徒目線のざっくばらんなお話も聞くことができます。

    7. 主な大学合格実績

    ・国公立医学科3名

    ・私立医歯薬学科27名

    ・早慶上智理44名

    ・国立大学11名

    ・GMARCH45名

    8. 今後の中学説明会予定

    ・10/17(火)授業見学説明会
    ・11/18(土)入試問題解説会、学校説明会

    9. 編集後記

    登壇者全員が口にしていたのは「自分で考えて、自分なりの意見を持ち、それを表現する」ことの大切さでした。社会に出れば、会社やコミュニティーの中で、意見を求められる場面は非常に多いです。偏った情報に惑わされず自分の意見を持ち、それを他者に伝える力が、日本女子大学附属中学校では身につくと感じました。自立した女性に成長できる素晴らしい環境だと思います。


    PAGETOP