××
×

    2009年1月に青山学院との間に教育連携協定が締結され、それに基づき、指定校推薦枠が設けられている。2013年現在で推薦枠は15名で、2014年には20名への拡大が予定されている。高大連携授業の充実、接続教育の強化などを進行中である。2010年には、創立60周年記念事業として、チャペル棟が落成した。現在、中学校では「共に生きる」という教育目標を掲げている。その精神は創立以来大切にされてきたものだが、近年、学習面にもその精神が活かされている。日常の授業における助け合いはもちろんだが、放課後、教室を開放しての「放課後学習」が充実しているのが強み。大学生、教員も配置についているが、友だちどうしでまず教えあうことを大切にしており、協力しながら学習をすすめ、互いの実力を伸ばしあう雰囲気は、他校にはないものと感じている。現状では特に交流が盛んな学校はないが、2010年からを目標に、研修や行事など学校間の交流を青山学院中等部と進める予定になっている。

    PAGETOP