××
×
    歴代宰相や有名人を数多く輩出している歴史の重みと誇りが教師にも生徒にも暗黙のうちにある。しかし、自分はたいしたことがないというギャップに悩まされながら、しっかり遊んでいるのが麻布の生徒か。ガリ勉君は少ないが、いないわけでもない。だが、勉強している姿を見せずに良い成績をとりたいと多くの生徒が思っている。しっかり遊んで、すんなり東大に入っていくのが平均的生徒像だと思う。教諭の給与等の待遇の良さでも知られ、優れた学識を有した指導陣といわれる。そのため、学校は資金難の面もあるのだと聞きますが、つぶれないでほしい。とにかく自由奔放、みんな楽しく、それぞれの青春を疾走していました。成績最上位者が意外に東大に進まなかったりもするところが麻布らしさかも。全員が遊び人というわけでもなく、マジメ君も一定割合でいて、それぞれが存在意義を否定されないのが麻布だと思います。自由度の高さを知らなかった人は、最初は驚くようですが、親のほうも慣れてきます。卒業生間の結束は固く、大学進学後の就職活動ならびに企業に入った後、先輩・後輩の関係がきわめて密で、見えないところで麻布出身のメリットがあるようです。

    PAGETOP