××
×

1914年(大正3)に浄土宗の住職が開いた樹徳裁縫女学校が始まり。2001年、樹徳高等学校(錦町1-1-20)とは別の敷地に樹徳中学校を開設、中高一貫教育を開始している。中学生は中高一貫校高等部に進む。2005年には高校の家庭科・情報商業科を廃止して進学志向を明確にしている。1学年400名以上在籍する樹徳高校は男子部・女子部に分かれ、それぞれ普通科特別大学進学コース、大学進学コース、総合コース、最難関大学進学コース(SKクラス)を開設した。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP