××
×
特に「家庭学習習慣の更なる定着」と「文武両道」に注力している。授業内容と方法、課題の提示について検討し、そこから生徒の予習・復習、自主学習への意欲を向上させようと取り組んでいる。夏休み・秋休み・冬休み・GWなどの長期休み用課題を年度初めに提示し、計画的に家庭学習に取り組むように指導する。また、カリキュラムの変更(全コース7時間授業の実施)、部活動の奨励などを通じて、放課後を有効活用するように指導している。大学進学に向けての学習指導、心身共に成長させる部活動、学校行事への積極的な参加を通じて、充実した学校生活を生徒に送らせたいと考えている。 この約10年の間に断行してきた「学校改革」の結果として、年々進学実績を伸張し、「進学校への転換」という目標に着実に近付いた「伸び盛りの学校」であることが本校の特長であり、その中で改革以前から本校のカラーとして大切にしてきた進路指導・生徒指導などさまざまな角度からの「面倒見の良さ」が強み。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP