××
×
日本の女子教育の草分けで、日本人の手による東京では一番古い女子教育校として1875年(明治8)に跡見学校が開校した。現在の制服はジャンパースカートタイプだが、当時は紫袴姿の制服を日本で最初に制定した学校でもある。1932年(昭和7)現校地に移転。高校からの募集は帰国子女若干名のみの完全中高一貫教育校。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP