××
×
2012年入試から2月1日定員枠を20名増員し、第一志望者が過半数を占めるようになった。東大合格者が2013年春に11名になり進学校としての面目も一新。2009年度は、授業を通して自学自習の習慣が定着するように指導するPDCAサイクルを徹底した。授業力の向上を図るため、生徒による授業評価、授業参観の保護者によるアンケート、スタディサポート、生活・学習アンケートなどを活用して生徒の状況を的確に把握することに努めた。70/75周年記念事業の一環として、エコ(太陽光発電)、バリアフリー(エレベーター)、アメニティ(トイレの改修)などを実施。また、女子教育連続講演会を開催し、女子教育の存在意義について、鴎友学園の理念の更なる現在化と普遍化を通して考えている。 慈愛と誠実と想像という鴎友学園の理念の現在化、具体化が定着し、教員が一致して生徒に対して何をなすべきかを理解し、指導することができるようになり、教員の指導に大きなぶれが生じることがなくなった。集団作り、生徒の居場所作りから始め、集団の中で共に活動する中で生徒一人ひとりが自分を見つめ、自分の可能性を発見し、自分の能力を社会の中でいかに活かすかという将来の目標を持つことができる指導をすることで、生徒のやる気を引き出している。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP