××
×

わが子にあう中学校をえらぶサイト

東京・神奈川・千葉・埼玉の私立中学校・国立中高一貫校342校の情報を掲載/小学校の保護者約50,000名が登録
宮城汐里
大妻中学高等学校 卒業生

取材日: 2016年11月29日

インタビュイー:3年 R.Hさん、2年 K.Mさん

インタビュアー:東京学芸大学教育学部4年生 宮城汐里

1. 中学受験について

宮城:1番目が、「併願校を教えてください」って書いてあるよね。1番目から、併願校。受験のときの併願校って覚えてる?

R.Hさん:洗足学園と、共立女子と、都市大等々力。あと大妻で、1月受験は函館白百合を受けました。

宮城:へえ、函館の。あ、そうなんだ。女子校を探してた?

R.Hさん:はい。等々力以外は全部女子校で、そこだけはちょっと滑り止めって感じで受けたんですけど。

宮城:あ、そうなんだ。女子校がよかった?

R.Hさん:はい。

編集部:なんで函館白百合を受けたんですか?

R.Hさん:1月受験のときに、まだ1カ月あるってところで、まだ第一志望校に学力が達してない部分もあるかなと思ったので、レベルを下げたときにちょうどいいところにその函館白百合っていうのがあったんで、まあ場所とかは関係なく、そのままレベルで選びました。

宮城:どこ受けた?併願校

K.Mさん:西武文理中学校と、浦和明の星。

宮城:うんうん。浦和明の星ね。

K.Mさん:あと豊島岡女子学園中学校と、頌栄女子学院中学校です。

宮城:なんで女子校がよかったの?

K.Mさん:えっと、男子と絡みたくなかったから。

宮城:(笑)。確かにそういう楽さあるよね、女子校ね(笑)。それはわかる。私も女子校受けたし、ほかにも女子校受けたし。今は大学が共学で、女子大じゃないんだけど、まあ面倒くさいこともいろいろ。やっぱり女子校、楽だよね。

 

2. 志望理由

宮城:はい。じゃあ2つ目が志望理由。「大妻の志望理由を教えてください」ってことなんですけど、やっぱ先輩からいきますか。

R.Hさん:校舎がきれいだったからっていうのと、大妻って意外とすごい堅いところってイメージがものすごいあったんですけど、文化祭来たときに、高校生の方が私が好きな「嵐」を踊ってて「あ、楽しそうだな」という理由で選びました。

宮城:そうか。じゃあK.Mさんも聞いてみようか。

K.Mさん:あの、大学の進学実績がいいというふうに親から聞いたりとか、あと塾の先生などに勧められたから選びました。

宮城:ああ、そうだったんだ。同じ?ああ、そうかそうか。文化祭とか来たって言ってたよね。来た?

K.Mさん:いや、来てないです。

宮城:あ、文化祭来なかったんだ。そっか。じゃあ塾の先生の勧めとかで決めた感じなのか。

K.Mさん:はい。

宮城:ふーん。そっか。私は文化祭来て、やっぱり校舎きれいだったっていうのは思ったかな。まあ、みんなそうだよね。ここ、校舎見たらやっぱりすごいなって思うよね。

3. 学校の好きなところ

宮城:じゃあ3つ目。ちょっと関係してるかもしれないけど、「学校の好きなところを3つ教えてください」。難しいね。3つ。

R.Hさん:校舎がきれい、友達とわいわいできる、あと、なんだろう。勉強がしやすい。

宮城:ああ、勉強がしやすい。どんなところが勉強がしやすい?

R.Hさん:学習計画予定表が配られて。でも配られる割にはそんなに干渉されなくて、自分なりに自由に組み合わせができて、なんか変なことに時間を取られないから、そういうのは私的にはやりやすいかなって思います。

宮城:そっか。確かにあれだね、テンプレートだけあってあとは自由に決められたら楽だよね。

K.Mさん何か3つ、いける?

K.Mさん:えっと、校舎がきれいなところと、喧嘩が少ないところと、あと先生方や警備員の方が優しいところです。

宮城:ああ、うん。確かに。警備員さんと仲良くなるよね。みんな、私のときも警備員さん、いつも挨拶して、朝来たり帰ったりしてた。校舎がきれいなのはやっぱりテンション上がるよね。やっぱり私も友達に校舎の写真とか見せると、吹き抜けとか、結構びっくりされるかな。

4. 学校の直した方が良いと思うところ

宮城:学校の直したほうがいいと思うところを3つ教えてください。なんか今度はマイナス要素かな。

R.Hさん:文化祭をもっと自由にしたい。

宮城:ああ、中学生は特にね。

R.Hさん:あとは、なんだろう。あ、先思い付いたらどうぞ。

K.Mさん:ああ、はい。えっと、校庭がないところと、あと階段がつらい。

宮城:(笑)。確かにまあ、そうだね。

K.Mさん:9階がとても暑い。

宮城:9階暑い?日が当たるからかな。そうかもしれないね。上からの光、結構入ってくるから暑いかもしれない。

編集部:9階まで歩いて行かないといけないんですか?階段で。

K.Mさん:えっと8階までエレベーターで行って、そこから階段で行ってます。

宮城:5階と8階が停まるんだっけ?そうだよね。

K.Mさん:5階と8階。

宮城:中学生・・・5階が2年生か。

K.Mさん:はい。

宮城:だからね、外れた学年はそこまでエレベーターで行って、その分は階段で行かなきゃいけないんだよね。直したほうがいいとこ、あれなんだったっけ?

R.Hさん:え、文化祭が堅いっていうのと。

宮城:あ、そうだそうだ。聞こうと思ってたんだ、文化祭。中学生の文化祭って、どんなことやるんだっけ?

R.Hさん:えっと、部活に入ってる子で、第2会場、講堂のほうとか体育館のほうに・・・、そっちに出る人はそれで出るし、あとほかの何も入ってない人とか運動部とか特にやってない人とかは学年展示で頑張って、当日は回るだけみたいな。その学年展示をやるときに、模造紙ばっかりで。

宮城:そうだね。そうなんだよね。

R.Hさん:特に中1とかは全部模造紙で。

宮城:うん。大妻の歴史とか周辺のね。

R.Hさん:建物とか。

宮城:建物とか覚えてる。書くよね。あの辺がもうちょっと、模造紙だけに書いてただ展示するだけとかじゃなくて、もうちょっと自由にとか。

R.Hさん:そう。参加型とかそっちが欲しい。

宮城:うん。オリジナリティが入れられるとね、確かに楽しくなりそうだよね。オッケー。ほかにある?

R.Hさん:ああ、特にないです。

5. 一番力を入れていること

宮城:じゃあ次の質問が、今度は自分自身のことになるのかな。「一番力を入れてるのは何ですか」。勉強?部活?そのほか?ゲームって書いてあるけど。

R.Hさん:なんだろう。勉強もやってるけど部活もやってるし。部活で今、部長やってて、それで楽しんでるから部活にもそれはもちろん力入れてるんですけど。うーん、同じぐらい。

宮城:同じぐらい。勉強と部活が半々ぐらいかな。部活何やってるの?

R.Hさん:音楽部やってます。

宮城:音楽部。音楽部ってどんなことやるんだっけ。

R.Hさん:主に合唱やってるんですけど、今の時期「慰問」っていうのがあって、老人ホームとかに伺って、高校コーラスさんと合同でやってます。中学音楽部だけだったらハンドベルを演奏してます。

宮城:ああ、ハンドベルか。それの部長さん、音楽部の部長さんなんだ。

R.Hさん:はい。

宮城:私も部活やってて、中学は部長じゃなかったけど、高校で部長やってた。勉強と部活・・・。部活やってるとね、やっぱ勉強と部活で大半が占められるよね。どう?

K.Mさん:私の友達が、なんか2年生になってからすごい勉強し始めて、それで負けず嫌いなのでそれにつられて勉強ですね。

宮城:勉強頑張ってる?確かに周りが頑張り出すと焦るよね。あ、私もやらなきゃっていう感じで、結構それが刺激になってたなとは思う。今が11月の終わりか、中間じゃないや、期末テストかな?すぐ。

K.Mさん:1週間後です。

宮城:1週間後?そっか、じゃあ部活もそろそろ停止になって、勉強に集中するタイミングになるんだね。頑張ってください。

6. 勉強について

宮城:じゃあ次の質問。勉強なんだけど、「いつもどこで勉強していますか」。これ気になるよね。いつもどこで勉強してる?

R.Hさん:自分の部屋で。

宮城:部屋?K.Mさんは、どう?

K.Mさん:えっと、普段は自分の部屋なんですけど、ときどき日曜日とかは図書館に行って。

宮城:図書館?そうなんだ。図書館のほうが落ち着く?

K.Mさん:家だとちょっと休憩してしまう。

宮城:そうなんだよね。誘惑がたくさんあるんだよね、自分の部屋ってね。ちょっとベッドに行こうかなって思ったらもうおしまいだよね。

K.Mさん:(笑)。

宮城:私もあんまり部屋で勉強できないタイプだったから学校残ってやったりしてたかも。

7. 睡眠時間

宮城:じゃあ次の質問が、「睡眠時間はどれくらいですか」。どんぐらい?

R.Hさん:7時間ぐらい。

宮城:7時間ぐらい。何時寝、何時起き?

R.Hさん:ええと、11時寝、6時起き。

宮城:えらいね。規則正しい。でも6時に起きて、朝練とかじゃなくて?

R.Hさん:あ、朝練のときは5時半ぐらいに起きるんですけど。普通は6時。

宮城: 6時起きか。どう?

K.Mさん: 7時間半ぐらいです。

宮城:みんな同じぐらいだね。何時寝、何時起き?

K.Mさん: 10時半に寝て、6時に起きてます。

宮城:え!えらいね。じゃあ10時半とか11時ぐらいまでの間に勉強とかして、お風呂も入って、寝てって感じか。で、朝6時起きて。朝起きるのつらくない?

K.Mさん:つらい。

宮城:つらいよね。しかも、もう寒くなってきたからね。私も多分、中学のときはちゃんと起きてたと思う。無遅刻だったから、私も。

8. 通学時間

宮城:じゃあ次に、通学時間はどれぐらい?どれくらいなの?

R.Hさん:1時間ぐらい。

K.Mさん:1時間15分ぐらいです。

宮城:結構遠いね、2人ともね。じゃあ6時に起きてってなってくるね。8時ぐらいだよね、学校来るの。8時20分までだっけ?

R.Hさん:25分までだから。

宮城:1時間かけて電車ってことか。電車の中は何してる?1時間。

R.Hさん:テスト前は家庭科とか暗記系を開いて勉強してます。

宮城:赤シート使って。あ、何線使ってる?

R.Hさん:主に東横線使ってて、そのあと半蔵門線で。

宮城K.Mさん何線使ってる?

K.Mさん:西武池袋線から有楽町線です。

宮城:有楽町か。で、市ヶ谷か。大妻生がたくさんいてさ、テスト前とかいっぱい勉強しながら歩いてるよね。なんかテストの時期になると、「ああ、懐かしいな」と思ってたまに見かけるんだけど、私もあの中に紛れて勉強してた気がする、電車の中で。

9. 携帯電話について

宮城:じゃあ次が、学校に携帯を持っていきますか?持っていく?

R.Hさん:持っていきます。

宮城:今も許可証出してっていうシステムなのかな?

R.Hさん:許可証。

宮城:まあ、そうだよね。大体みんな携帯、許可証出して持ってきてる?

R.Hさん:うーん、大体の人。

宮城:大体みんな出してるよね。私も出してたな。でも学校の中じゃ使っちゃいけないんだよね。あとあれか、通学途中も使っちゃいけないんだっけ。

R.Hさん:緊急以外は。

宮城:そうだよね。うん、そうだそうだ。思い出してきた。

10. インターネットの利用について

宮城:じゃあ次に、「1日のインターネット利用時間はどれくらいですか」。どれくらい?使う?インターネット。

R.Hさん:調べものとか、まああとは普通にゲームだったりとかはするから。

宮城:携帯とかパソコンとかで?

R.Hさん:そうですね。1、2時間かな。

宮城:1、2時間くらい。え、部活やってるんだよね。大体家帰るのは何時ぐらい?

R.Hさん:部活があったときの帰りは7時ぐらいで、まあそのときはさすがに1、2時間やったら勉強できないんで抑えますけど、まあ、ちょっとテスト終わったあととかは、2時間とかぶっ通しで使っちゃうことはあります。

宮城:反動でね。(笑)確かに。しかもテストのときって早く学校終わるからね。あれ、うれしいよね。どんぐらい使ってる?インターネット、使う?

K.Mさん:テスト終わったその日は結構使ってるんですけど、普段はあんまり使わないです。

宮城:やっぱりテスト終わりだよね。あの午前までで終わって午後からフリーみたいな。部活やってると部活が始まるときもあるけど。あの昼間の時間がね、うれしいよね。

11. 中学に入学して印象に残っている出来事

宮城:じゃあ次が、「中学に入学して印象に残ってる出来事を教えてください」。どう?もう、すぐ卒業だけど。

R.Hさん:印象・・・。ああ、やっぱ修学旅行とか。

宮城:修学旅行って今どこ?変わってないかな。

R.Hさん:多分、京都・奈良で変わってないと思う。

宮城:よかった。京都・奈良、どうだった?

R.Hさん:楽しかったです。

宮城:4月、春ぐらいに行くんだっけ?

R.Hさん:はい、4月に。

宮城:桜、まだ咲いてた?

R.Hさん:若干散ってたけど。

宮城:散り気味?そうなんだよね、惜しいんだよね。でもよかった、京都と奈良。楽しいよね、修学旅行。

R.Hさん:楽しい。

宮城:これからだよね?

K.Mさん:はい。

宮城:絶対楽しみにしてたほうがいいよ。修学旅行はすごい楽しかった。ほかの行事はどう?

K.Mさん:あの、合唱コンクール。

宮城:合唱コンは楽しいよね。

K.Mさん:うん。

宮城:あれ、合唱コンって中学生までだっけ?

K.Mさん:中学生だけ。

宮城:そうだよね。中学までだよね。あれも楽しいんだよね。結構頑張るんだよね。しかもさ、女子校だからさ、みんなきれいじゃん、歌が。私、兄弟いるんだけど、結構共学の合唱コンの見てもやっぱね、でもそれはそれできれいなんだけど、やっぱり女子だけの合唱の声って美しいと思う。(笑)

美しいなってね、今でも思う。合唱コン、どうだった?あれ、これから?

K.Mさん:いや、1年生のときは、あの…まあ優勝。

宮城:え、優勝?すごいね。おめでとう。結構合唱コンクール、みんな気合入るよね。放課後に練習したりしてね。懐かしい。合唱コンクールと修学旅行か。いいね。イベント、楽しいね。

12. 学校への満足度

宮城:「入学してよかったですか」。率直に。5段階で評価するとってなってるけど、どう?

R.Hさん:まあ、よかった。

宮城:よかった?うん。

R.Hさん:5段階だったら、まあ5。

宮城:5?おお、いいね。どう?

K.Mさん:よかったと思います。4ぐらい。

宮城

:4ぐらい?まあね、そうだね。でも、大体卒業しても、卒業して友達と会ったりするんだけど、大妻のときの友達と会ったりしても、「なんだかんだ、やっぱり大妻でよかったよね」みたいな話になるから。やっぱみんな大妻でよかったんだよね、きっとね。なんだろうね。女子校嫌だとか言ってたときもあったんだけど、やっぱ振り返ると女子校楽しいこといっぱいあるからね。

13. 入学して変化したこと

宮城:次が、「入学して変化したことはありますか」っていう質問なんだけど。

R.Hさん:うーん、受験のとき、受験生の割に勉強してなくて、第一志望落ちてここ来て、だからそれなりの成績取らなきゃなと思って。特に、中3になったときに、あ、中2かな。中2になったときに友達にすごい頭いい子がいて、「ああ、すごいな」と思って自分も頑張り始めたから、やっぱ勉強する量とかは増えたのかなって思います。

宮城:小学生のときより増えた感じか。どう?

K.Mさん:やっぱり友達が2年になってから勉強してたので、中1のときと比べれば勉強量は増えたと思うんですけど、受験勉強をしてたときはほぼ休憩なしで。

宮城:もっと勉強してた?そうだよね。やっぱり受験勉強はね。みんな受験をして、ちょっと中1でクールダウンして、中2で何かが起きるのかな。何かに目覚めて、ちょっとそろそろ。あ、中3で内部進学試験みたいなのもあるよね。

K.Mさん:はい。

宮城:もう終わってる?

K.Mさん:到達度は終わったんですけど、2学期の成績で行くかどうか決まるので、来週の期末が肝かなっていう。

宮城:中2ぐらいになるとね、その辺が見えてくるのかな(笑)。ちょっとみんな中2で勉強に目覚める時期が来るのかもしれないね。

14. 宿題の量

宮城:じゃあ、「宿題の量はどれくらいですか」ってなってるけど、どう?

R.Hさん:その日あったことはその日やるようにしてはいるんですけど。宿題って言ったらすぐ終わらしちゃうんで、私的にはそんなないかなって思うんですけど。テスト前っていうかテストの勉強をするときに、自主的にやらなきゃいけないことがたくさんあるので、その点に関しては多いかなって。

宮城:ああ、テスト前ね。どう?宿題多い?

K.Mさん:あの、夏休みとかそういう長い休みのときは、かなり。ですけど、普段はあんまり多いとは感じないです。

宮城:普段はそんなだけど、長期休暇ね。夏休みとかは確かにあった、いっぱい。数学とか国語とかね。大体、ほぼ出たよね。あと、長期休暇と、テスト前か。テスト前は宿題っていう感じじゃないけど、確かにやることはいっぱいあるよね。

K.Mさん:やることは。

宮城:まとめたりね。線引いたり、いっぱいしたかもしれない。

15. 1日の勉強時間

宮城:じゃあ次が、「1日何時間くらい勉強してますか」。さっきちょっとかじったけど、どう?時間にすると。

R.Hさん:うーん、3、4時間?平日は2、3時間のほうが多いんですけど、休日、土曜日とかは4時間以上はやります。

宮城:あ、もうテスト前とか関係なく?

R.Hさん:あ、テスト前はもうちょっと増える。

宮城:もっと増える?もうすごい。(笑)

どう?

K.Mさん:平日は3時間ぐらいで、休日は平均で5時間ぐらい。

宮城:でも休日、そうだね。テスト前だったら私もそれぐらいやってたかもしれない。(笑)5時間ぐらいは。でも平日3時間って結構すごいね。みんな頑張ってるね。えらいと思う。

16. 先生について

宮城:次ね。お、またちょっと話ががらっと変わるね。「好きな先生を2人教えてください。その先生のどこが好きなんでしょう?」

R.Hさん:えー、1人は、理科Ⅰの田家先生。えっと、教え方がわかりやすいからと、あと、うーん。

宮城:じゃあ、先行く?

K.Mさん:え、横山先生。

宮城:横山先生?何の先生?

K.Mさん:英語の先生で、今担任の。

宮城:あ、担任の先生なんだ。

K.Mさん:あと、あの困ってるときとかは助けてくださったりとか、なんかそういうメリハリがすごい先生だと・・・。

宮城:しっかりするときと、気軽に話したり相談できたりするときと、ちゃんとこうメリハリ持ってくれてる先生なんだね。先生、あとほかにいる?

R.Hさん:その教科が好きかどうかは置いておいて、国語の松本先生は、同じく教え方がわかりやすくて、今現代文のほうの担当をしてくださってるんですけど、たまに古文とかで、古文って言ってもあんま使わない単語だから、そういうのも聞くとすごいわかりやすく教えてくれるので、そこはすごいいいなって思います。

宮城:そうなんだ。国語はそんなに得意じゃない?苦手?

R.Hさん:受験のときより圧倒的に苦手になってて。

宮城:そうなんだ。じゃあ苦手な教科だけど?

教え方が上手。苦手な教科の先生も好きなんだね。確かに苦手な教科でも先生のことが好きっていうか、教え方が上手だからって思えたら結構いいよね。わかんないところ、今みたいに聞けるし。しかも小学校のときと違ってね、古文とか、なんかちょっと難解な文章が(笑)、出てくるもんね。どう?もう1人くらいいる?

K.Mさん:あと、歴史の寺尾先生。

宮城:ああ、寺尾先生?わかる。私もお世話になった。なんで寺尾先生が?

K.Mさん:あの、プリントとか教科書とか資料集とかに書いてないことも大量に教えてくださって、なんかプリントに書ききれないほどの情報があって、説明もわかりやすいから。

宮城:とにかく書き込む先生だよね。私も寺尾先生の授業受けたことあるけど、本当に知識持ってるよね、日本史。あ、日本史大好きなんだなって思って、寺尾先生。でもすごい知識を持ってるから、なんか逆に尊敬できるというか、もうなんか、授業わかりやすいしいろんなこと知れて、すごい思い出に残ってる、

17. 授業について

宮城:じゃあ次いこうか。次は、「好きな授業は何ですか」。何ですか?

R.Hさん:数学と社会。

宮城::どう?

K.Mさん:国語と数学です。

宮城:おお。2人ともすごいね。なんか理系教科と文系教科両方好きみたいな。すごいね。数学と社会で、国語と数学か。2人とも数学好きなんだ。数学、難しくない?

R.Hさん:難しいところもあるけど、自分でわかんないとこ理解していくのが楽しい。

宮城:なるほど。数学難しくない?

K.Mさん:先生がわかりやすいんでわかります。

宮城:そうなんだ。え、なんか今日、授業のノートとかさ、持ってきてくれてるんだよね。見せて?(笑)見たい。

R.Hさん:一応、これが社会。

宮城:何持って来てくれたんだっけ。社会か。

R.Hさん:社会。数学も一応、後ろにあるんですけど。

宮城:そうなんだ。好きな教科の1つだよね、社会ね。ちょっとじゃあ社会のノートを拝見。3年生のノート見とく?(笑)

R.Hさん:公民。

宮城:公民か。

R.Hさん:はい、民主主義あたりですね。

宮城:私あんまり苦手なとこだ。(笑)オレンジのペンが大事なところ?

R.Hさん:そうですね。2学期になって変えたんですけど、色。

宮城:そうなんだ。1学期は何色使ってたの?

R.Hさん:それが1学期でオレンジ、その先見ていくと多分青いのが出てくと思う。

宮城:これ?

R.Hさん:そこから変えました。

宮城:青いの?あ、大事なところを青にしたんだ。

R.Hさん:はい。

宮城:何で青にしたの?

R.Hさん:いや、青のほうが覚えやすいって聞いて。

宮城:あった!あった、そのジンクス。

R.Hさん:でもなんか社会は授業やってるときに大体覚えちゃうから、なんかあんま変わんなかった。(笑)

宮城:ええ、すごいね、でも。私も社会の暗記するときに私、書いて覚える人だったんだけど、青ペン使ってた。青ペンが記憶力にいいみたいなのを聞いて、私も青ペン使ってたな。でもオレンジもいいよね。オレンジとかピンクだと赤シートで消せるから、それにしてたな。この辺はメモ?ありがとうね。何のノート持って来てくれたの?

K.Mさん:国語です。

宮城:あ、国語ね。これ、こういう向きで使うやつか。わあ!すごい。古文?私もこの形式でやってた。この、ノートを、横線のノートを縦向きにね、使って、ここで半分にして。やってた。本文写してね、隣が訳か。ちゃんとプリントとかも切って貼ってるの、これ?

K.Mさん:はい。

宮城:えらいね。几帳面。

出た!この緑ペンね。赤シートで消えるやつ。へえ、あ、ここから現代文?あ、懐かしい、「走れメロス」。

K.Mさん:はい、そうです。

宮城:この、これはどういう色分けなの?いっぱい蛍光ペンでさ、青とかピンクとかいろんな色使ってるけど。

K.Mさん:いや、こだわりはあんまりないですけども、重要なほうを水色で、あんまりそこまででもないのがピンクだと思います。

宮城:ああ、そうなんだ。なんとなく自分で重要度で色分けしてるんだ。ふーん。すごいね。でも、みんなペンいっぱい持ってくるよね。私もこんなさ、なんかちっちゃいのだと色ペンが入らないから、なんなら普通の筆箱と色ペン用みたいな。(笑)それかもう、大きい筆箱にいっぱい色ペン入れて持ってってた。結構古文とかも色たくさん使うよね。だから色ペンは重宝してたな。ありがとう、とってもきれいなノート。

18. 授業の進度

宮城:じゃあ次が、「授業の進度は速いですか」。どう、授業?

R.Hさん

:科目によりけりかな。数学とか週5回あるから、それはそれでたくさん進んで。あと社会も、前は地理歴史で分かれて2時間、2時間だったんですけど、中3になってから全部社会、週4で来るんで、それはすごい速いなとは感じました。その代わり国語は、今度古文と現代文で分かれて週3、週2で分かれてくるんで、そこはゆっくりできるかなっていうのがあります。

宮城:どう?1時間の授業のペースとかは速い?

R.Hさん:理科Ⅱの先生は速い。ガンガン書いてって、しゃべるのも早くてメモ追いつかなかったりすると、隣の子に「なんだっけ?」って聞いて。

宮城:協力のし合いが始まるやつだね(笑)。まあ先生にもよるか。確かにね、先生によって授業の進め方とかね、板書のスピードとかね、変わってくるもんね。どう?進度速い?

K.Mさん:あの、数学は問題集が追いつかないとか、あと歴史は寺尾先生だから、すごい速くて追いつきません。

宮城:そうだね。聞き取って、書き取ってみたいな感じだもんね。

K.Mさん:もう1回しか言わないから。

19. 部活動について

宮城:次が、ちょっとさっき聞いたけど、「何部ですか」。音楽部だよね?

R.Hさん:はい。

K.Mさん:筝曲部です。

宮城:筝曲部?筝曲部ってどんなことやるの?

K.Mさん:琴を演奏します。和室です。

宮城:琴。授業でもやるよね?私もちょっとだけ、「さくら」ぐらいなら授業でね、琴やったけど。そっか、どうして筝曲部に入ろうと思ったの?

K.Mさん:あの、音楽っていうか演奏するものが好きで、吹奏楽部は大変かなと思って。それで、筝曲部の見学に行ってみたんですけども、先輩と後輩とかなんか仲がよくて、なんか雰囲気がとてもよかったので入りました。

宮城:あ、そうなんだ。筝曲部、何人ぐらい?部員。

K.Mさん:40人ぐらいです。

宮城:なんで音楽部に入ろうと思ったの?

R.Hさん:最初から、入る前から決めてたのは茶道部だったんですけど、友達に誘われて見学行ったときに、合唱聞いてすごい鳥肌立ってすごいなと思って、あと新入生歓迎会で嵐の「Love so sweet」歌ってて、「あ、こういうこともやるんだ」と思って、すごい合唱やってるのに意外だなと思って、そこに惹かれて入りました。

宮城:週何回部活動ある?音楽部はどう?

R.Hさん:2回です。

宮城:2回?筝曲部は?

K.Mさん:2回です。

宮城:週2ぐらいなんだ、2人とも。音楽系だと週2ぐらいかな、大体。そんなことない?

R.Hさん:いや、吹奏楽部、マンドリン部は多いです。週6とか週5とか言ってました、確か。

宮城:そうだね。確かに。吹奏楽と、マンドリンね。大妻はマンドリン・・・

R.Hさん:強いですね。

宮城:確かにね。今度は1日だね、週に2回で1日はどれぐらい、何時間ぐらい部活動がある?

R.Hさん:平日はいつも4時から6時の2時間で、長期休みのときは9時半から3時半までやるから、5時間ぐらいか。

宮城:5時間ぐらい。お昼挟んでっていう感じか。

R.Hさん:はい。

宮城:そうなんだ。休日は結構毎週あるの?

R.Hさん:喉とかの関係もあるので一応週3ぐらいで入れるようにはしてます。

宮城:そうなんだ。筝曲部は?

K.Mさん:1時間半ぐらいです。

宮城:そうだよね。平日は大体ね、4時ぐらいには授業が終わって、みんな部活の準備して部活行って、6時には完全下校を絶対守らなきゃいけないから、それまでに片付けしてっていう感じだからね。実質、4時から5時半ぐらいだよね。で、そこから帰る準備してとか。でも音楽部とか筝曲部は着替えがないからもうちょっとできるかな。休日はある?筝曲部。

K.Mさん:夏休みに10時から4時までで、まあ途中1時間ぐらい休憩を挟むから5時間です。

20. 上下関係について

宮城:じゃあ次の質問が、部活「上下関係」はありますか」。

R.Hさん:あります。

宮城:あります?やっぱあるんだ、え、厳しい?

R.Hさん:入ってみて、入る前より印象的には厳しいなって思いました。

週2だったから、若干楽そうかなとか思って入ったんですけど、やっぱ週2だから自主練をしなきゃいけないし、自主練してこないと先輩に怒られるしみたいな。

宮城:筝曲部は?

K.Mさん:ないです。

あの、先輩も本当に優しいです。

宮城:でも部活によりけりかな、じゃあ。上下関係って。結構運動部は厳しいけど文化部はそんなに厳しくないみたいな、なんか一般的な、ね。

R.Hさん:うん。

宮城:運動部って厳しそうなイメージあるけど、どうだろうね。でも、音楽部でも厳しいんだもんね。テニス部もまあまあ厳しい。(笑)でも昔に比べたら結構、今緩和されたって聞いて。

R.Hさん:え、そう?あれれ。

宮城:そんなことない?

一同:(笑)

21. 行事について

宮城:じゃあちょっと部活は終了かな。「楽しい行事は何ですか」。楽しい行事。

R.Hさん:合唱コンクール。

宮城:合唱コンクール?どう?

K.Mさん:球技大会。

宮城:ああ、あるね。どっちも毎年1回か。合唱コンね、さっきも言ったけど楽しいよね。球技大会はクラス対抗?合唱コンもだけどクラス対抗?

R.Hさん:クラス対抗。

宮城:球技大会、何の種目あるっけ?

K.Mさん:えっと、ドッジボール。1年生のときはそれだけで、2年生はドッジボールとバレーボールとバスケットボール。

22. トイレについて

宮城:じゃあ次行きます。「トイレはきれいですか」。

K.Mさん:きれいです。

R.Hさん:うん。

宮城:きれいだよね。もう、何でもきれいだよね、大妻って。今一生懸命汚いところ思い浮かべてみたんだけど、いや、何でもきれいだなって思って。トイレもきれいだし、教室もきれいだし。

R.Hさん:いや・・・。あるクラスは汚いって有名。

宮城:それはさ、みんなが汚くしてるってこと?

R.Hさん:そう、あまり真面目に掃除やってないから、床に何か落としたら汚くなるって言って。

宮城:ああ、掃除ね。みんな気を付けないとね。掃除をね、きちんとすればね、いいけどね。確かに教室のなんかにおいとかあったな。

R.Hさん:(笑)

23. 食堂について

宮城:次が、「食堂には満足してますか。好きなメニューは何ですか」。食堂っていうかカフェテリアかな。地下のカフェテリア。中学生は自分では使わないんだっけ?

R.Hさん:使っちゃいけない。

宮城:そうだよね。自分では使わないで、クラスでまとめて頼んだりするんだっけ?どう?カフェテリア、使ったことある?

R.Hさん:うーん、なんか放課後に使うことは。

宮城:あのパンとか売ってる自動販売機。私も使ってた。飲み物とか売ってて、「振って振ってゼリー」とか。

R.Hさん:ああ。

宮城:お昼にカフェテリアは使わない?2人とも。お弁当?

R.Hさん:お弁当が多いです。

宮城:大体お弁当だよね、みんな。高校生ぐらいになるとカフェテリア使ってる子もいたけど、中学生のときは大体お弁当だよね。お弁当はいつもお母さんが作っってくれてる?お母さんも朝早いけど。でも毎日つくってくれてるよね。私もお母さんが毎日つくってくれてた、お弁当。もう感謝しかない。

カフェテリアで好きなメニューある?使ったことあんまりないからわかんないか。

R.Hさん:パン当番でまとめて買うときは、なんだっけ、「照り焼きチキンのサンドイッチ?」はすごい好きで、大体それ頼んでます、頼むときは。

24. 制服について

宮城:今度は「制服は気に入っていますか」。どう、気に入ってる?制服。セーラー服。入学する前に、なんかセーラー服っていうか制服のこと気にしてた?気にした?

R.Hさん:あんま気にしてない。

K.Mさん:気にしてないです。

宮城:あんまりしなかった?そっか。私は制服、「あ、セーラー服なんだ」とかちょっと気にして見てたかもしれない。どう、セーラー服気に入ってる?

K.Mさん:うーん。

宮城:(笑)。じゃあちょっと気に入ってる点と気に入らない点はあるかな?

R.Hさん:気に入ってる点は、まあ、うーん…とくに。

宮城:なし?あれだよね、中学生がネクタイで、高校生になるとリボンになるんだよね。それくらいか、変化。

冬服と夏服はどっちが好き?

R.Hさん:夏。

K.Mさん:夏です。

宮城:夏だよね。夏の白、かわいいよね、セーラー服。あれはね。白は私も好きだったな。どう?制服に何か一言。

K.Mさん:みんなから「あ、かわいい」って言われるときもあったり。、

宮城:でもセーラー服、私も友達に結構「いいな」って言われるし「かわいい」って言われるかもしれない。在学中はブレザーに憧れてたけど。ずっとセーラー服着てるから。だからブレザーのほうが格好いいなって思ってたけど、今思ったらセーラー服がいいかもしれない。

25. お小遣いについて

宮城:「お小遣いもらってますか」。がらっと変わるね。お小遣いもらってる?

R.Hさん:お小遣いは、もらってないです。なんかそのときどきに、必要なときに請求する。

K.Mさん:あの、正月とかは必ずもらってるんですけど、でも普段はやっぱり使うときにもらってます。

宮城:お小遣いの使い道を教えてください。どんなときにお母さんに請求する?

R.Hさん:遊ぶとき。

宮城:どう?

K.Mさん:あの、遊びに行くとき以外は親にもらって、払ってもらってます。

遊びに行くときは自分で払ってます。

宮城:じゃあ今までのとかちゃんと貯めておいて、上手く遊びに行くときに使ってるんだ。

K.Mさん:はい、ディズニー行ったり。あと普通にその辺ぶらぶらしたり。

26. 休み時間の過ごし方

宮城:じゃあ次が、「休み時間は何をしていますか」。

R.Hさん:休み時間、おしゃべり?中1のときは調子に乗ってあの吹き抜けの周りガンガン走ってたり。

宮城:もう誰もが通る道だよね。大妻に入ったら、みんな走るんだよね。吹き抜けの周りを走ってね、。まあでも中1で終わるんだよね。

R.Hさん:中3になったら、中1がやってるの見て、「若いね~」って言って。(笑)

宮城:どう?

K.Mさん:あの、球技大会のときはずっとドッジボールやってたので、ドッジボール、今もやってます。

27. 友達との会話

宮城:じゃあ次が「友達とどんな話をしていることが多いですか」。どうですか?

R.Hさん:え、先生がいる前であれなんですけど、先生の悪口。(笑)

宮城:まあね、先生の話題にはなるよね。(笑)

R.Hさん:あと私は、まあ嵐が好きとか、あとは最近みんなが好きなアニメとか漫画とかで、「この子いいよね」みたいなの。

宮城:友達とどんな話してる?

K.Mさん:部活の話とか、まあ、好きなことなどです。

28. すごい友達

宮城:次が、「すごいなと思う友達はいますか」。いる?

R.Hさん:なんか私のクラスに学年1位の子がいて、成績が。その子がすごい努力してて、それはすごいなと思って。その子がやってたから頑張ろうと思って私もやり始めました、勉強。

宮城:どう?すごいなと思う友達。

K.Mさん:あの、なんかすべてが平均的に全部できるみたいな子がいます。あと優しくて、みんなをまとめることもできて字もきれいみたいな。

29. 学校の中のお気に入りスポット

宮城:じゃあ、「学校の中のお気に入りのスポットはどこですか」。どこ?ある?

R.Hさん:3階ラウンジ。晴れてるときの3階ラウンジとか4階あたり。すごい気持ちいいです。

宮城:あそこ、晴れてるとね、吹き抜けてるから光が当たるんだよね。確かに、そうかも。日焼けするかもっていうぐらい日が当たってるかもしれない。どう?

K.Mさん:あの、同じで3階のラウンジなんですけど、床暖がすごいよく効くって。

宮城:3階のラウンジ、床暖房付いてるんだっけ?いいね。冬も暖かいね。床暖房。でもラウンジいいよね。テーブルとさ、イスもあってね。あの職員室の前の3階のラウンジは結構、先生とさ、なんか話すときとかにも使えるし、各階に一応、4階が一番広いけど、各階にテーブルとかあるじゃん。あそこでよく私も話してた。

30. 将来の夢

宮城:将来の夢を教えてください。

R.Hさん:具体的なことはないんですけど、安定した収入が得られる仕事を。

宮城:堅実だね、。でも大事だよね。安定してる仕事ね。どう?

K.Mさん:あの、母親に勧められただけなんですけども、アナウンサー。

宮城:アナウンサー?いいね、アナウンサー。

31. 入りたい大学

宮城:最後の質問も難しいかもしれないけど、「入りたい大学はありますか」。ある?まだ…決まってない?

R.Hさん:国公立に入れればいいなって。お父さんが筑波大に行ってて、お父さんと同じレベルのところかお父さんを超えたいなって。

宮城:おお。お父さんが目標なのね。どう?

K.Mさん:あの、国立がいいんですけど。また親に「どう?」って勧められたのがお茶の水の女子大学で、まあ、女子だから嫌ですけど。

宮城:わかるよ。私もね、中高6年間やっぱ女子だけの中にいるとね、「いや、もういいかな」みたいな気持ちになるんだよね。だって大学も女子だけってことは10年間女子だけでしょ。「大丈夫かな?」て気持ちになるから。やっぱその気持ちはわかる。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

宮城汐里
大妻中学高等学校 卒業生
東京学芸大学教育学部 4年生
  • 興味あり
  • ×

Document request資料請求

各中学のパンフレットなどご請求いただくことができます。
ご請求は下記ボタンをクリックください。

資料請求をする

PAGETOP