××
×

わが子にあう中学校をえらぶサイト

東京・神奈川・千葉・埼玉の私立中学校・国立中高一貫校342校の情報を掲載/小学校の保護者約50,000名が登録
進路指導部を中心にきめ細かい進路指導を実現することによって、1人でも多くの生徒が第1志望の大学に合格できることを目指す。授業の充実はもちろん、それに関連して補習・講習をより多く導入し、勉強合宿も適時導入することで生徒一人ひとりに合わせたきめ細かい指導により、塾・予備校に行かなくても十分に対応できるだけの態勢を用意している。男子校としては、国公立大への実績がもうひとつとの感もあり、今後の課題だろう。自習室も毎日20時まで開け、チューター・フェローが常駐している。このようにいつでも勉強ができる環境を作って置くことにより、自学自習の確立を目指し、大学入試のモチベーションを維持させている。本校の強みは、コミュニケーションが巧く行っていることで、教師(担任・教科担当・部活動顧問)と生徒の関係が良好な点にある。これは、学問だけではく部活動に関しても同様で、教師と生徒が一緒になって頑張っており、各部において良い結果を出している。英語科の佐藤扶由夫先生は、国際コーチ協会公認コーチで2009年12月の世界大会(カナダ)で日本代表としてスピーチをした。学校では、教員に対して個人セッションをしたりナラティブコミュニケーションを開催する事により教師一人ひとりも元気にし、その元気を生徒も感じて、学校全体が元気になる。そんな教育コーチである。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP