××
×
学校所在地が「渋谷」であることが心配されるが、保護者たちは、繁華街に近接していることをそれほど懸念していない。学校選びの段階で、すでにその点はクリアしているためだろう。現に、帰宅途中に渋谷センター街に立ち寄るような生徒はいないらしい。この点は学校側も十分な配慮を施していて、教員が放課後に渋谷の街を巡回している。共学校で女子の比率が高く、女子の存在が目立つ「渋渋」では、男子の進学実績という点で、一皮むけるかどうかが保護者の関心事でもあるようだ。兄弟校の「渋幕」レベルの進学実績にいつ到達するかが課題。数少ない都心の共学進学校として、保護者の人気もきわめて高い。きわめて優秀な帰国生獲得にも成功している。すでに、都内私立共学校としては頭一つ抜けた難関大合格実績をあげつつある。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

  • 興味あり
  • ×

PAGETOP