××
×
    2014年には新校舎が落成予定で教育環境の整備が進む。学校の重点目標のトップに「学力の向上」を掲げている。学力を向上させるには、教育環境の整備・教材の工夫・モチベーションの喚起等があるが、まず、学ぶことの意味・楽しさを伝え、生徒が主体的に授業に参加していけるよう工夫をしている。また、学習習慣の定着を図るため、タスクノートを活用している。自己発信力を高めるためにD(ディスカッション)D(ディベート)P(プレゼンテーション)が身に付くよう展開している。本校の特長としては、創立以来の自彊術体操を毎朝全生徒と全教員が校庭で一緒に実施する中で、「自彊不息」の精神、つまり継続する力が涵養されていることにある。教員と生徒が毎朝一緒に活動することがファミリーとしてのお互いの存在感を共有する下地となっている。だから子供たちは明るく屈託がなく、精皆勤率は43%にもなっている。

    PAGETOP