××
×
    継続的に進学指導の充実を目指している学校。東大受験者が存在しなかった年度でも教諭が東大入試問題を研究していて、保護者対象の説明会で外部招聘講師が、その年の東大数学問題の話をした際には瞬時にそのコピーが配布されたこともあった。高1・2生は20講座から、高3生は50講座から選べるゼミや講習を充実させた夏期講習、入学直後からの継続的な進路指導プログラムがその対象となった。本校の特長としては、教員の熱意を行動力に変えるしくみ(教員の指導力向上)がある。校長ほか希望者による交互授業見学を年間30回実施、保護者・在校生による授業アンケートと教員へのフィードバッグ、経験豊富な教員が新任教員に専属で指導するアドバイザー制度、その他各種研修などを行っている。国語辞書のみならず和英辞典の編さんに携わる安居直樹先生(国語)は、中学からプレゼンテーションやディベートなども取り入れた意欲的な授業を展開している。

    PAGETOP