× ×
2016年11月28日

「男子部の方が先生が厳しいような気がするんですけど・・・」

取材日:2016年11月28日
インタビュイー: 1年生 浦上周悟くん
インタビュイー: 3年生 今野由菜さん
インタビュアー:教育図鑑編集部 田口亮太

田口:併願校を教えて下さい。

浦上くん:僕は久我山一本で受験しました。

田口:すごいですね。もし久我山に受からなかったらどうしました?

浦上くん:いや、もう受かる気持ちでやってました。

田口:それ以外のことは考えてなかったということだね。じゃあ今野さん。併願校を教えて下さい。

今野さん:早実でした。

田口:早実。なんで久我山を選んだんですか?

今野さん:久我山は第一志望校ではなく第三志望校で。受験直前のドタバタのときに、受験科目が国語と算数の2科目ということで久我山を受験しました。「この2科目なら私も全力でいけるな!」と思って。受験科目が自分でもベストを尽くせる2科目だったっていうところに惹かれて、久我山を受験しました。

田口:浦上くんも久我山を受けた理由を教えて下さい。

浦上くん:剣道部が強かったからです。剣道で日本一になりたくて、久我山で剣道をやっていきたくて入学しました。

田口:素晴らしいですね!

教室の様子
カフェテリア 賑わっています!
図書館の様子

田口:学校の好きなところを3つ教えて下さい。

浦上くん:先生たちが優しいっていうところと、教室がきれいで気持ちがいいっていうところです。

田口:あと1個ありますか?

浦上くん:いや・・・

田口:ない?(笑)じゃあ今野さん、学校の好きなところを3つ教えて下さい。

今野さん:カフェテリアや図書館がきれいっていうところと、英語やボランティアなどの活動が多くて、「自分はこれから何をしていこうか?」と考えるきっかけがが多くあることです。あともう一つは、男女の程よい距離感です。勉強にも集中できるし、かといって勉強しかできないって訳でもないので、ちょうどいい距離かなって思ってます。

田口:久我山は男女別学で分かれてるじゃないですか。浦上くんはもともと男子校のほうがいいなって思ってました?

浦上くん:いや、そうでもないです。別にどっちでもいい。

田口:今野さんはどうですか?女子校がいいとか共学がいいとかってありましたか?

今野さん:共学のほうがよかったと思ってたんですけど、男女別学の久我山も楽しいです。

田口:学校の直したほうがいいところを3つ教えて下さい。

浦上くん:理科会館の椅子がギシギシいって、片付けるときにうるさいです。あと、顕微鏡が覗いたときに曇っちゃって見づらいっていうことと・・・あとは緑がちょっと少ないなって。

田口:緑は結構多いと思いますけど・・・本当ですか?

浦上くん:もうちょい多くしたほうがいいなって。(笑)

田口:(笑)欲張りですね。今野さんも直した方がいいと思うところをお願いします。

今野さん:女子部のことしか分からないんですけど、女子部は中学三年のフロアが4階なので、毎日4階まで登るのが大変で。あとは・・・ちょっと忘れちゃった。(笑)

田口:じゃあ思い出したときに。男子部と女子部の理科室は一緒ですか?

今野さん:一緒です。

田口:椅子がギシギシうるさいことも知ってる?

今野さん:知ってます。

田口:顕微鏡が曇るのは?

今野さん:そういう経験はないです。(笑)

浦上くん:僕は眼鏡なので、眼鏡越しだと見えづらくなっちゃうんです。

田口:なるほどね。(笑)

田口:今一番力を入れてることは何ですか?

浦上くん:部活と勉強の両立です。

田口:部活は剣道部?

浦上くん:はい。

田口:勉強は何の科目を一番頑張ってますか?

浦上くん:数学と英語を頑張ってるんですけど、今はちょっと国語の成績が悪いので、古典を頑張ってます。

田口:今野さんは今一番力を入れてることは何ですか?

今野さん:将来の夢に関することを、いっぱい調べています。

自習室
自習室

田口:いつもどこで勉強していますか?

浦上くん:僕は家です。

田口:リビング?自分の部屋?

浦上くん:リビングでやってます。

田口:今野さんはいつもどこで勉強していますか?

今野さん:予習復習はリビングで、テスト期間になると自分の部屋でやっています。

田口:学校の自習室や図書館で勉強することってありますか?

浦上くん:いや、ないです。

今野さん:テストの日の朝に自習室を使います。

田口:テストの日の自習室は混みますか?

今野さん:とても混みます。

田口:自習室が混んで使えないことってあるんですか?

今野さん:私は早く自習室に行くのでまだ経験してないんですけど、座れなくて帰る子はいます。

田口:1日に出る宿題の量はどれくらいですか?

浦上くん:“宿題”っていう感じで宿題を出されなくて。なんとなく「やっといてー」っていう感じなので、ちょうどいいぐらいの量だなと思います。

田口:どれくらいの時間がかかる量ですか?

浦上くん:1日1時間くらいです。

田口:結構かかりますね。それでもそんなに多いとは思わない?

浦上くん:はい。

田口:今野さんはどれくらい宿題が出てますか?

今野さん:毎日宿題が出るわけではないです。たまにプリントをやるぐらいで。

田口:じゃあそんなに多いと思うこともない?

今野さん:ない。

田口:小テストはあるんですか?

浦上くん:あります。

田口:どれくらいの頻度ですか?

浦上くん:社会が一番多いです。地名をババっと出してきて、その章に入ったときに最初に小テストをやるっていう感じです。

田口:月に1回ぐらいのペース?

浦上くん:それぐらいだと思います。

田口:数学とか英語の小テストはありますか?

浦上くん:英語はあります。数学は計算力テストみたいな感じの小テストがありましたが、最近はあんまりやってないです。

田口:じゃあそんなに勉強に追われることもなく、日々過ごしているっていう感じですか。三年生になると小テストって増えますか?

今野さん:増えますね。結構増えます。

田口:浦上くん、頑張って下さい。(笑)三年生の小テストはどれくらいの頻度ですか?

今野さん:国語だと、漢字テストがメインで月に1回。英語は単語とか文法のテストが週に2~4回あります。数学は平常テストというテストが月1あったりなかったりなんですけど、他にも小さいテストが先生の気まぐれであります。

田口:5教科以外で何かテストをやってる科目はありますか?

今野さん:5教科以外だと、多分ないです。

田口:1日何時間ぐらい勉強してますか?宿題も合わせて。

浦上くん:3~4時間くらいです。

田口:毎日?

浦上くん:毎日・・・剣道部の試合とかがあった日は1時間とかになっちゃうんですけど、大体3~4時間ぐらいです。

田口:平日でも?

浦上くん:はい、平日でも。

田口:すごいですね。

浦上くん:帰る時間が結構早いんで、みんなよりはできてるかなって感じはします。

田口:今野さんは1日どれくらい勉強しますか?

今野さん:平日は疲れて全然手つかずで、いつも1時間か1時間半ぐらいです。

田口:でも全然やらないっていう日はない?

今野さん:ないです。

田口:テスト前だとどうですか。勉強時間は増えますか?

浦上くん:いや、あんまり増えないです。

田口:普段からやってるから?

浦上くん:普段は復習ばっかりなんで、テスト前でもあんまり差はないです。

田口:今野さんはどうですか?

今野さん:テスト期間は焦りによって集中力が増えちゃうので、勉強時間も増えます。平日は携帯もインターネットも触らないから、帰ったらずっと勉強。休日はどこにも出掛けず毎日5時間とか勉強してます。

田口:睡眠時間はどれくらいですか?

浦上くん:僕は6時間~7時間ぐらい睡眠時間を取ってます。

田口:いつも何時ぐらいに寝てますか?

浦上くん:11時~12時ぐらいまで起きちゃってると思います。それで朝寝坊しちゃうことも、たまにあります。

田口:学校に遅刻したことはありますか?

浦上くん:いや、学校の遅刻はないです。

田口:学校にはいつも何時ぐらいに来てますか?

浦上くん:僕は早いときで7時ぴったり。遅くて7時50分ぐらいです。

田口:早いですね。今野さん、睡眠時間はどれくらいですか?

今野さん:大体5~6時間です。

田口:何時ぐらいに寝ますか?

今野さん:11時半かそれ以降です。

田口:朝学校に来るのは何時ぐらいですか?

今野さん:7時半に教室に着きます。

田口:中学一年生の頃から睡眠時間は5~6時間ですか?

今野さん:中学の頃はもっと早く寝ていました。

田口:だんだん遅くなった?

今野さん:だんだん、はい。

田口:通学の時間はどれくらいですか?

浦上くん:僕は歩いたほうが早いんですけど、いつも電車とバスで来ています。時間的にはバスがいつも混んで15分くらいで、大体家から30分くらいで来れます。

田口:どこから来てるんですか?

浦上くん:三鷹市に住んでるので。

田口:結構近いんですね。今野さんの通学時間はどれくらいですか?

今野さん:1時間10分くらいです。

田口:どこから来てますか?

今野さん:川崎のほうから来ています。

田口:遠いですね。電車は何線で来るんですか?

今野さん:小田急線と井の頭線を使って来ます。

田口:乗り換えは1回?

今野さん:はい。

田口:学校に携帯は持っていきますか?

浦上くん:いや、持っていきません。

田口:今野さんはどうですか?

今野さん:持っていきません。

田口:学校で禁止されてるんでしたっけ?

浦上くん・今野さん:はい、禁止です。

田口:1日のインターネット利用時間を教えて下さい。

浦上くん:僕は0時間です。

田口:今野さんは?

今野さん:1~2時間です。

田口:それはスマホでやってるってことですか?

今野さん:いや、パソコンで。

田口:家に帰ってから?

今野さん:はい。

田口:どんなことを調べるんですか?

今野さん:自分のなりたい職業について調べてます。アナウンサーのこととか。

田口:久我山に入って印象に残っている出来事を教えて下さい。

浦上くん:応援団。運動会の応援団です。

田口:応援団は自分から入りたいと思ったんですか?

浦上くん:はい。小学校の頃に応援団をやってたんで、そのままやりたいなと思って。

田口:今野さんも久我山に入って印象に残ってることを教えて下さい。

今野さん:入学当初に校長先生が私たちに向けて言ってくれた言葉がすごく印象的でした。「あなたたちがここ以外の学校に受からなかったのは、他の学校があなたたちの魅力に気付かなかったからだ」と、すごい励ましてくれました。

田口:今野さんも応援団に入ってたんですか?

今野さん:はい。応援団長もやりました。

田口:じゃあ浦上くんのことも応援団で知ってる?

浦上くん:あ、僕は赤組で・・・

今野さん:私は白組でした。

田口:男子が赤組で女子が白組?

今野さん:白組と赤組は出席番号の偶数奇数で決まります。

田口:久我山に入学してよかったですか?5段階評価でお願いします。

浦上くん:はい。5段階評価の5です。

田口:5ですか!5の理由を教えて下さい。

浦上くん:やっぱり剣道ができるし、先生たちも優しいってとこがいいので。

田口:剣道の練習は厳しいですか?

浦上くん:いや、厳しいっていうより楽しいです。

田口:素晴らしいですね。今野さんは入学してよかったですか?

今野さん:はい、私も5です。

田口:素晴らしいですね。どういうところがよかったですか?

今野さん:私、小学校の頃は今と全然違って引っ込み思案だったんです。でも久我山に入っていろんなイベントに参加したりしてると、友達の影響も受けてすごく明るくなれました。朝早くに家を出たりしないといけないので、必然的に早起きの習慣もつきました。

田口:この学校に入って変化した、自分が変われたことはありますか?

浦上くん:毎朝ニュースを見るようになりました。社会の授業で毎日のニュースを発表するんですけど、朝新聞を読む時間がないのでニュースを見るようになりました。他は変わってないです。

田口:ニュースを見るようになってから、何か変わりましたか?

浦上くん:あんまり・・・

田口: (笑)分かりました。でも習慣になったってことだよね。

浦上くん:そうです。

田口:今野さんはどうでしょうか?

今野さん:自分で時間の管理ができるようになりました。

田口:それは学校で時間の管理とかを教えてもらうんですか?

今野さん:そういうわけではないです。

田口:3年間の学校生活で自然に身についたの?

今野さん:はい。

田口:好きな先生を2人教えて下さい。

浦上くん:僕は好きな先生がいっぱいいるのですが、特別っていう先生は、阿久津先生と井上先生です。

田口:阿久津先生はどんな先生ですか?

浦上くん:英語の先生で、教えるのがうまくて、要点を復習に合わせてどんどん言ってくれるので分かりやすいです。

田口:井上先生はどんな先生ですか?

浦上くん:数学の先生で、怒りやすいんですけど、できたときにはとても喜んでくれるような良い先生です。

田口:今野さんも好きな先生を2人教えて下さい。

今野さん:1人目は数学の龍見先生です。私の担任でもあるんですけど、自分の趣味のことや娘さんのことを、ホームルームとか授業の合間に話してくれる、とてもお茶目な先生です。

田口:お茶目なところが好き?

今野さん:はい、好きです。

田口:もう1人好きな先生はいますか?

今野さん:学年主任で国語担当の濵先生です。男の先生なんですけど、まず見た目がかわいい。ぽっこりしてて、すごいかわいくて。でも、やることをやらなければガツンと言ってくる先生です。濵先生はみんなのことが大好きっていう愛情が常に感じられるから、とても好きです。

田口:見た目がかわいいって、例えるとどんな感じですか?

今野さん:タヌキ。(笑)怒られちゃう。

田口:浦上くんの好きな授業は何ですか?

浦上くん:僕の好きな授業は国語です。最近始まった古典が面白くて、目を輝かせて聞いてます!

田口:今は何を読んでますか?

浦上くん:竹取物語です。

田口:もともと古典が好きだったんですか?

浦上くん:いや、今回初めて面白いなって思って。

田口:今野さんも好きな授業を教えて下さい。

今野さん:数学です。

田口:なんで数学を好きになったんですか?

今野さん:もともと算数が好きで、問題をスピーディーに解くのが好きだったので。中学一年生の授業が計算からだったから「ああ、もうこれは好きになるな!」っていう感じで、今も好きです。

田口:算数が得意になったきっかけって何ですか?

今野さん:私が2歳か3歳のときに、父が私に言葉より早く時計の見方を覚えさせたんです。その流れで計算ドリルを4歳ぐらいからやってて、算数が好きになりました。

田口:なんかすごい英才教育みたいですね。

********************************

今野さんの授業ノート。ズームしてご覧ください。 ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

[数学のノート]
[公民のノート]
[古典のノート]

田口:授業の進度は早いですか?

浦上くん:適確です。みんなは「早いんじゃない?」とか言ってるんですけど、僕的にはちょうどいいぐらいです。

田口:みんなが早いって言ってるのは、何の授業?

浦上くん:数学です。先生は遅いって言ってて、僕的にはちょうどいいって感じで、みんなは早いって言う。(笑)

田口:今野さんは、授業の進度は早いと思いますか?

今野さん:数学は・・・授業は早くないんですけど、学ぶ内容が早いと思います。

田口:高校のカリキュラムを先取りしてるって感じ?

今野さん:はい。

田口:中三ですけど、高校の内容も入ってますか?

今野さん:入ってます。もうすぐ数ⅡBに入りそうっていう具合です。

田口:それは早いですね。中一の数学はどこまでやってるんですか?

浦上くん:関数までやってます。

田口:普通だったら何年でやる内容ですか?

今野さん:一次関数?中二の内容ですね。

田口:じゃあそもそも中一から早いってことですね。ついていけない人もいるんですか?

浦上くん:いますね。

田口:補習があったりとかしますか?

浦上くん:今日も居残りでやらされてる子たちはいます。

田口:浦上くんは剣道部ですよね。今野さんは何部に入ってますか?

今野さん:テニス部です。

田口:硬式?

今野さん:硬式です。

田口:剣道部は週に何回活動がありますか?

浦上くん:週4回か5回ぐらいです。試験の直前に試合があるときは試験休みになっちゃうので、その間は毎日ちょっとずつでも部活やるって感じです。

田口:月曜から金曜までの間には何回ありますか?

浦上くん:火曜~土曜で5回です。

田口:量はどうですか?

浦上くん:もうちょっとたくさんやりたいなと思ってます。

田口:剣道部の練習は高校生と一緒ですか?

浦上くん:一緒です。上の先輩と練習できるので、強くなれます!

田口:テニス部は週に何回ありますか?

今野さん:週2回です。

田口:少ないと思いますか?

今野さん:中一・中二のときはもうちょっとあってほしいと思ってたんですけど、中三の今だとちょうどいいかなって思ってます。

田口:テニス部は高校生も一緒ですか?

今野さん:いいえ、違います。

田口:部活ごとに高校生と一緒にやるところと別でやるところがあるんですね。

今野さん:そうですね。

田口:剣道部の1日の活動時間を教えて下さい。

浦上くん:土曜日は3時間で、月曜から金曜までは1時間半です。

田口:朝練はありますか?

浦上くん:ないです。

田口:テニス部の1日の活動時間を教えて下さい。

今野さん:2時間です。

田口:剣道部より長いんですね。

今野さん:多分長いです。

田口:朝練はありますか?

今野さん:ありません。

田口:朝練がないのは共通ですか?

今野さん:多分共通です。

田口:野球部も朝練ないんですか?

今野さん:朝練じゃなくて、今の時期は掃除をしてくれてます。落ち葉を片づけてくれたりとか。

田口:へ〜。部活内に上下関係はありますか?

浦上くん:剣道部はあまりないです。先輩たちがとても優しいので、部活に慣れていけます。

田口:結構剣道って厳しいイメージありますけどね。

浦上くん:先輩たちが優しいので。

田口:テニス部には上下関係がありますか?

今野さん:はい、あります。

田口:それは中三が結構怖いみたいな?

今野さん:中三が怖いっていうわけじゃなくて、各学年でやるべきことが決まっていて・・・ケジメがあるみたいな。遊ぶときは先輩後輩関係なくワイワイ遊んでました。

田口:でも、たまに怒られるみたいな?

今野さん:たまに怒られてます。

田口:上下関係が厳しそうな部活ってありますか?

浦上くん:野球部は厳しそうだなって思います。

田口:名門だもんね。

田口:楽しい行事は何ですか?

浦上くん:やっぱり運動会が楽しいなって思います。剣道部でいえば試合です。

田口:文化祭はやりましたか?

浦上くん:文化祭はやりました。でも僕は剣道部の試合で予定が埋まっちゃって、あんまり楽しめなかった。

田口:今野さんは楽しい行事は何ですか?

今野さん:自然体験教室です。

田口:自然体験教室はどちらに行ったんですか?

今野さん:中三では北海道に行ってきました。

田口:北海道のどこに行ったの?

今野さん:女子と男子で行き先が違っていて、女子は北海道の西側。滝川市とか。男子は東側に行ってきました。

田口:修学旅行で一番印象に残ってることは何ですか?

今野さん:農家に泊まるファームステイですね。とても楽しかったです。

田口:農作業も体験したんですか?

今野さん:はい。ゴボウ農家だったので、生のゴボウを初めて食べました。(笑)そういういろんな体験をしました。

田口:生のゴボウの味はどうでした?

今野さん:ちょっと泥臭かったです。(笑)

田口:自然体験教室について、これはいつのイベントですか?

今野さん:中一と中二と中三。中一、中二は新年度に入ってすぐです。 【※編集部注釈:中一の自然体験教室は5月。目的地は信州高遠。中二は9月。目的地は尾瀬奥白根。中三は9月で目的地は北海道。】

田口:中一と中二の自然体験教室ではどんなことをやるんですか?

今野さん:どんなこと・・・山を歩いて。(笑)

浦上くん:川で遊んだりとか。

田口:山に登ったり川で遊んだり。

浦上くん:自然に慣れるみたいな。

田口:それは1日?

今野さん:3泊4日。

田口:泊まりで行くんですね。キャンプみたいな感じ?

浦上くん・今野さん:はい。

田口:トイレはきれいですか?

浦上くん:ちょっと汚いかも。(笑) 【※編集部注釈:清掃の行き届いた非常にきれいなトイレでした。】

田口:トイレ掃除って生徒がするんですか?

浦上くん:いや。

今野さん:用務員さんです。

田口:そうなんですね。女子部のトイレはきれいですか?

今野さん:清潔感はあると思ってます。別にトイレが最新型っていうのでもないですが、それでも掃除をしてくれる用務員さんの顔を見ることも多いので「いつもきれいに掃除してもらえてるんだな」って思ってます。

[男子トイレ 掃除が行き届いていました]
[親子丼]
[カレーand唐揚げ  すごいボリューム]

田口:食堂は使ってますか?

浦上くん:僕は使ってないんですけど、みんなが食堂で買ってきたのを教室で食べるのを見るので、おいしそうだなって思ったことはあります。

田口:教室に持ってくるんですか?

浦上くん:はい。テイクアウトして。

田口:テイクアウトがあるんですね。食堂のメニューを食べたことはありますか?

浦上くん:ないんですけど、おいしそうだなって思ったのは唐揚げ弁当。

田口:今野さんは食堂を使いますか?

今野さん:ほとんど使いません。

田口:食べたことはありますか?

今野さん:あります。

田口:何か好きなメニューはありますか?

今野さん:親子丼が好きです。

田口:二人ともお弁当派なんですね。

浦上くん、今野さん:はい。

田口:お弁当と食堂の人の割合ってどんな感じですか?

浦上くん:お弁当の人のほうが多いと思います。

今野さん:7対3ぐらいでお弁当が多いですね。

[珍しい学ランの黒ボタン]
[女子は赤いタイが特徴的]

田口:制服は気に入ってますか?

浦上くん:はい。気に入ってます。

田口:どこが特に気に入ってますか?

浦上くん:学ランのボタンが黒いところ。他校だと学ランのボタンが金色だったりするんですけど、ボタンが金ピカだとちょっとカッコ悪いなって。

田口:今野さんは制服気に入ってますか?

今野さん:気に入っています。最近気に入ってます。

田口:初めはあんまりだったんですか?

今野さん:初めは制服の丈がすごく長くて。最近になってようやく身長が追い付いてきて、ちょうどいいかなーみたいな気がしてます。

田口:ちょっと大きめの制服を買ったってことですか?

今野さん:はい。

田口:気に入ってるポイントってありますか?

今野さん:気に入ってるポイントはタイです。中学の赤いタイが好きです。高校はタイが黒になっちゃうから・・・

田口:できれば中学の赤いタイのままいきたいって感じですか?

今野さん:赤のままでいきたいです。

田口:お小遣いはもらってますか?

浦上くん:もらってません。

田口:何か買いたいなって思ったときはどうしますか?

浦上くん:親に「クリスマスに○○買って下さい」みたいな感じですけど、あんまり何かを買いたいなって思うときがないです。

田口:もう今は剣道一本って感じですか?

浦上くん:はい。剣道と勉強だけって感じです。

田口:なるほど。いいことですね。

今野さん:すごい、模範的。(笑)

田口:今野さんはお小遣いをもらってますか?

今野さん:遊びに行くときに、随時もらってます。

田口:いいシステムですね。(笑)どんなところに遊びに行くんですか?

今野さん:最近は私の家でパーティーとか。

田口:パーティー?

今野さん:お誕生日とかに友達を呼んで。(笑)「仲良くなったからパーティーしよう!」みたいな。

田口:中学校の友達?

今野さん:中学校の友達です。

田口:ちょっと想像できない、中学生のパーティーが。

今野さん:“たこ焼きパーティー”とか、そういう感じの軽めのパーティーです。

田口:休み時間は何をしていますか?

浦上くん:読書か勉強か鬼ごっこです。

田口:鬼ごっこは学校の中で?

浦上くん:学校の芝生とかで。芝生で走ると上履きの裏が茶色くなっちゃうのが欠点です。(笑)

田口:それはお昼休み?

浦上くん:はい、お昼休みです。

田口:読書はどんな本を読んでますか?

浦上くん:明日から読もうかなって思ってるのは「宇宙戦争」とか。

「宇宙戦争」 H・G・ウェルズ著

田口:小説が多いですか?

浦上くん:はい。

田口:今野さんは休み時間どんなことをしていますか?

今野さん:休み時間は図書館に行ったり、家でできなかった予習とかですね。

田口:図書館に行くのはお昼休みですか?

今野さん:お昼休みです。

田口:図書館はみんなが集まるところですか?それとも静かで喋ったりできないところですか?

今野さん:本当は喋っちゃいけないんですけど、大人数で行って「うるさい!」って怒られちゃうときもある感じです。

田口:浦上くんはお昼休みに図書館に行ったことはありますか?

浦上くん:あります。昼休みの後すぐに授業が始まっちゃうときは、急いでご飯をかき込んで、すぐ本を借りて戻ってきます。教室で読んだほうが落ち着くっていうか・・・図書館だとすぐ時間が経っちゃうし、そのほうが安全なので。

田口:安全っていうのは?

浦上くん:先生に怒られないように。図書館から教室まで1分くらいかかるので、授業に遅れないように。

田口:なるほど、チャイムが鳴った瞬間に教室にいないと怒られちゃう?

浦上くん:はい。

田口:それは女子部も同じですか?

今野さん:女子部のほうが甘いですね。甘くなってます。

田口:男子部のほうが厳しいのかな?

浦上くん:はい。ちょっとうるさいと「こら!」って怒られます。ガヤガヤしてるとすぐに叱責が飛んでくるみたいな。

田口:友達と会話してる内容。どんな話をしてることが多いですか?

浦上くん:みんなはゲームの話をしてることが多いです。僕はゲームをやってないんで、みんなが話してるところで「ふーん」って答えたり、変なリアクションしたりして割り込みます。あとはニュースの話がまあまあ。

田口:みんなニュース見てるからね。最近話したニュースの話は何ですか?

浦上くん:今日は、キューバのカストロ議長が亡くなったっていうニュースとか。今ちょうど社会の授業でキューバをやっていて、この前の授業で先生がカストロのことを話してたんです。次の授業で先生が「カストロ議長はまだ生きている人です」みたいな話をするのかなっていう感じで、みんなと話していたところだったので。

今野さん:レベルが高い・・・

田口:アメリカ大統領選のときは盛り上がりました?

浦上くん:盛り上がりました。クラスに絵がうまい子がいるんですけど、その子がホワイトボードにトランプさんの似顔絵を掲げたりしてました。生徒会長選挙のときは、その子が絵を描いてホワイトボードを外に出してたこともあります。

田口:今野さんはどんなことを話してることが多いですか?

今野さん:お笑いとか楽しい系の話もあるし、最近よく聞こえるのは恋愛とか。あとは勉強の仕方とかですね。

田口:勉強の仕方っていうのは、「こういうふうにやると効率いいよ」みたいな?

今野さん:自分がどうやって、いつ勉強してるか。クラスで一番の子のやり方を参考にしています。

田口:恋愛の話は多いんですか?

今野さん:多いですね。

田口:「男子部の○○君カッコいいよね」みたいな?

今野さん:みたいな話もあります。

田口:男子部はそういう話は?

浦上くん:いや、あんまりないです。

田口:なるほど。友達の中に「この人すごいな」っていう友達はいますか?

浦上くん:います。握力がすごいとか、体育ができるとか、勉強ができるみたいな。そういう感じですごいなって思う。

田口:握力いくつぐらい?

浦上くん:中一で40kgを超えてる子とかも普通にいて。

田口:何部ですか?

浦上くん:バスケ部と野球(中学の野球部はないため、校外のクラブで野球をやっている)。

田口:中一で40kgはすごいですよね。勉強も、すごい頭いいなみたいな人はいますか?

浦上くん:努力家だなっていう感じが多いです。

田口:どんなところを見て努力家だなって思いました?

浦上くん:授業中に、先生がちょっと職員室に戻っちゃったりすると、その間はみんな喋ってるんですよ。そんなときでも1人勉強してるところが「努力家だな」って思います。

田口:今野さんは友達の中に「この人すごいな」って思う人はいますか?

今野さん:いっぱいいます。陸上の都大会でよく3位とかに入ってる子とか。合唱部ですっごい声が高い子とか。あとは勉強。私のクラスはどんどん上にいこうっていう人が多いので、周りを見て「わー、すごいな!」って思うときがあります。

向上心がすごいです。みんな表には見せないんですけど、実は今も期末テストに向けて水面下ではすごい争いがあって・・・

田口:クラスでみんなライバルみたいな感じ?

今野さん:表には出さないですけどね。(笑)

田口:影で努力してるって感じですか?「全然勉強してないよー」とか言いながら、実は勉強やってるとか。

今野さん:やってる。(笑)

 
[剣道場での活動風景]
「中学三年女子フロア 4階の窓辺から見える景色」

田口:学校の中でお気に入りスポットはどこですか?

浦上くん:僕は剣道部なので剣道場です。剣道場に行くと気合が入る。

田口:他は特にない?

浦上くん:あとは教室が一番落ち着くんで、教室がいいです。

田口:今野さんは学校のお気に入りスポットはどこですか?

今野さん:中学三年女子フロアの4階の窓。窓際が好きです。

田口:何か素敵な空間があるんですか?

今野さん:天気がいいと、真ん前に富士山が見えるんです。あと夕日が沈むところもいいです。

浦上くん:僕たちのフロアは1階なんで、富士山は見えない・・・

田口:浦上くんの将来の夢を教えて下さい。

浦上くん:僕は剣道日本一を目指してます!

田口:素晴らしい!いつ日本一を取りたいんですか?

浦上くん:今も取りたいんですけど、取ってからもずっとその力を維持したい。だから毎回1位みたいな感じで取っていきたいなって。

田口:大人になっても剣道を続けていきたいですか?

浦上くん:はい、続けていきたいです。

田口:今野さん将来の夢は何ですか?

今野さん:アナウンサーです。

田口:おお!なんでアナウンサーになりたいんですか?

今野さん:小学校六年生のときに、アナウンサーから取材を受けたんです。ハキハキしてテレビでも落ち着いていられる姿がすごい格好よくて。そこからアナウンサーに憧れて今に至ると。

田口:憧れてるアナウンサーはいますか?

今野さん:憧れてるアナウンサーは、桝太一さん。素直で自分の知ってる知識を人々に提供するのが、すごい格好いいと思う。

田口:入りたい大学はありますか?

浦上くん:東大です。

田口:素晴らしい。東大でも剣道やりたい?

浦上くん:はい。

田口:今野さんは入りたい大学がありますか?

今野さん:まだ決めてないんですけど、できれば国公立に入りたいなって思ってます。

田口:アナウンサーになりやすい大学ってあるんですかね?

今野さん:東大とか慶応とか青学でも、どこでもアナウンサーにはなれるんですけど、とにかくアナウンサーは試験の倍率が高いんです。だから、できるだけ上のほうでいられる大学がアナウンサーになりやすいってインターネットに書いてありました。

田口:久我山は男子部と女子部に分かれてるじゃないですか。男女別学についてどう思いますか?男子と女子一緒になってほしいとか思います?

浦上くん、今野さん:いや、あんまり思わないです。

田口:交流があるのは年に何回ぐらいですか?

浦上くん:まだ1年経験してないんで、分からないです。

今野さん:学校主催のイベントだったら男女一緒っていうものもあるし、あとは体育祭とか文化祭です。

田口:体育祭は同じチームで一緒にやるんですか?

今野さん:男女2色対抗リレーとかの競技では、女子から男子にバトンを渡すとかはあります。

田口:なるほど。もっと男女の交流が増えてほしいと思いますか?

浦上くん・今野さん:あんまりないです。

田口:じゃあ今のままでいい?

浦上くん・今野さん:今のままでいいです。

田口:浦上くん、女子部に聞いてみたいことってありますか?

浦上くん:あんまりない。

田口:そうか。(笑)じゃあ逆に、女子部から男子部に聞きたいことってありますか?

今野さん:うーん、特にないですね。あ、でも誰が誰のことを好きっていうのは女子の間でも盛り上がるので。(笑)

田口:「男子部の誰々くんは、女子部の誰々さんのこと好きなんだよ」みたいな?

今野さん:みたいな感じです。

浦上くん:僕が聞いてみたいのは、男子部の方が先生が厳しいような気がするんですけど・・・

田口:どんなところが?

浦上くん:男子だと漢字のテストとかで「ダメじゃないか!」っていつも説教されてる。

今野さん:それは女子も同じだよ。(笑)

田口:同じらしいですよ。(笑)じゃあ授業でやることは、男子も女子も一緒なんだ。

今野さん:一緒です。

浦上くん:一緒だと思います。

田口:男子と女子で得意・不得意な科目とか分野は分かれるもんですか?

真山先生:漢字は女子のほうが得意で、数学だったら男子のほうが得意というような、ざっくりとした傾向はあると思います。

田口:なるほど、ありがとうございます。

資料請求をする
×

Document request 資料請求

各学校のパンフレットなどご請求いただくことができます。
ご請求は下記ボタンをクリックください。

資料請求をする

PAGETOP