× ×
2016年7月29日

「世界的に活躍出来る日本人を育成する」

インタビュイー:佐藤賢士先生 インタビュアー:東京大学文学部英語英米文学科3年生 中越亜理紗
説明会について 中越:先生に中学受験についてお聞きしたいと思います。中学校の説明会ではどのような事をお話されていますか? 佐藤先生:茗溪はいろんなイベントや教育プログラムがあるんですけれども、特に実践的な教育をしているというところを強調しようと思っていて、茗溪は他と比べてこういうところが違っていて面白いプログラムになっていますとか、人間的な全人教育っていうのを謳っていますので、そういった教育がどのようなかたちで実践されているのかっていう事を、中学1年生の教育内容からずっと紹介していくっていうやり方をしています。 中越:茗溪では国内だけじゃなくて海外でも説明会をされてますよね。実際私も上海日本人学校に通っていた時に、ちょうど上海で茗溪学園の説明会があって、それに母と妹が行って、この学校のことをすごく気に入ったんですよね。私は直接説明会には足を運べなかったんですけれども、後でパンフレットを見て「この学校がいい!」と思って決めました。 中越:保護者の方からよく聞かれる質問はどんなものがありますか? 佐藤先生:茗溪のプログラムを説明する事によって、本当についていけるのかと不安に思ってしまうケースがあるんですよね。プログラムに対する質問が結構多くて、こういうプログラムで進めていくとなった時に、「うちの子は大丈夫なんでしょうか。」とか、あるいは「人前で話をするのが苦手なんですけど」とか、「みんなで集団で行動するのが大変だ」とか。よくそういう質問や相談を聞くんですけど、子供たち同士の仲がいいというか、お互いに支え合うような環境が茗溪にはあるんですよね。不思議と誰かが困っていると、周りが手を貸してくれたりね。心配はもちろんあると思うんですけれども、実際はこういうことにふうになっていますと具体的に話をすると、みなさん安心されますね。 中越:そうですね。私も実際スポーツがちょっと苦手だったんですけど、球技大会やスポーツの授業でもスポーツが得意な子が支えてくれたりして、すごく助かったのを覚えています。 中越:先生は説明会において、茗溪学園のどのようなところをアピールしていますか? 佐藤先生:茗溪学園は1979年に創立したんですけど、当初から海外帰国子女生を受け入れようと思ってスタートしたんです。初代の校長先生の時からずっと「国際教育」というのを強調して重視していくべきだという考え方でした。教育理念自体が「世界的に活躍出来る日本人の育成」なので、海外留学にも力を入れてますし、逆に海外からの留学生を、年間でも2,3人は、1年間の長い留学期間で茗溪に受け入れていますので、そういったところも説明会では強調して説明しています。

茗溪学園中学校
を見ている人はこんな学校も見ています

ブックマークする
資料請求する
英語に強い
理系
有名人
ブックマークする
資料請求する
体育会系
有名人
算数に強い
ブックマークする
資料請求する
ボランティア活動
英語に強い
理系
ブックマークする
資料請求する
注目校
人気校
難関校進学
ブックマークする
資料請求する
ボランティア活動
課外活動
理系
ブックマークする
資料請求する
課外活動
偏差値高め
英語に強い
×

Coverage request 学校追加取材リクエスト

教育図鑑はリクエストがあった中学校を一歩踏み込んで調査しています。追加取材のご要望は下記までお願いします。

リクエストする

Document request 資料請求

各学校のパンフレットなどご請求いただくことができます。
ご請求は下記ボタンをクリックください。

資料請求をする

この学校に質問する

Ask

質問者欄にはニックネームのみが表示されます。 質問は基本的に公開されます。
質問内容によっては公開されない場合があります。 質問回答および表示については利用規約に準じます。

PAGETOP